L'Arc-en-Cielの国内凱旋ツアー<L'Arc-en-Ciel 20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL>の大阪公演が、5月19日(土)、20日(日)の2日間にわたってユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて開催。2日間で合計約10万人の観客が全国各地から集まり、L'Arc-en-Cielの作り出す圧倒的なエンタテインメント・ショーに魅了された。

また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンではアトラクションや園内のBGMにL'Arc-en-Cielの楽曲が使用されるなど各所でコラボレーションが展開。そんな遊園地ならではの楽しげな雰囲気と相まって、2日間のライヴは特別な内容となった。

オープニングを飾ったのは、スクリーンに映し出される世界各国でのライヴとメンバーの熱烈なMCの数々。観客がL'Arc-en-Cielのたどった道のりを固唾を飲んで見守る中、繊細なピアノの調べとともに「いばらの涙」が始まり、ステージ前面のLEDが左右に開いてメンバーの姿があらわになる。ドラマチックな登場シーンを受け、この日最初の大歓声が空高く響きわたった。そのまま4人は最新アルバム「BUTTERFLY」からの楽曲を披露し、会場の空気を塗り替えていく。「ただいま。大阪に帰ってきたで! 音楽で国境を超えてきたよ」「今日は一緒に弾けようぜ!」とhyde(Vo)は最初のMCで笑顔を浮かべた。

続くステージでは新旧の楽曲が交互に披露され、ライヴ中盤ではユニバーサル・スタジオ・ジャパンの名物キャラクターである、「セサミストリート」のエルモとクッキーモンスターも登場。夢のコラボレーションが実現した。ken(Gt)が弾く特徴的なフレーズから、壮大なバンドアンサンブルが展開される「MY HEART DRAWS A DREAM」が終わると、「REVELATION」のイントロが地面を震わせる。すると前方からLEDスクリーンを側面にあしらったフロートに乗って4人が二手に分かれて登場。メンバーはそれぞれのフロートに乗り込んだキャラクターとともに、観客を煽りながら後方に設営されたステージに移動していく。そんな行程を経てスタートした後方ステージでのパフォーマンスでは、懐かしい楽曲が観客を驚かせることに。初日は「metropolis」が、さらに2日目は「C'est La Vie」が披露され、どちらも悲鳴にも似た歓声がこだましていた。

猛るようなhydeのヴォーカルと、yukihiro(Dr)の強烈なビートが絡み合った「REVELATION」のあとは、再びメインステージに場所を移してライヴが続行。花火とカラフルなテープが舞い祝祭空間に包まれた「SEVENTH HEAVEN」、ステージの前方と後方で巨大な火炎が飛び交った「Driver's High」とステージ上の熱は加速していくばかり。無数のレーザーがダークで妖艶な雰囲気を倍増させた「DRINK IT DOWN」や、hydeの感情を押さえたヴォーカルが印象的な「shade of season」と、シリアスな空気が漂うナンバーが立て続けに深遠な空気を作り出す。貫禄たっぷりのパフォーマンスは、ワールドツアーでの経験を感じさせる説得力のあるものだった。

インターバルを経て始まった次のコーナーでは、yukihiroのドラムセットを囲むようにhyde、ken、tetsuya(Ba)が座り「未来世界」で会場全体を優しく包み込む。さらに2日目に披露された「Pieces」では、hydeが瞳を潤ませながら観客を慈しむように歌声を響かせるなど、感動的な空気が漂う展開に。ダイナミックなオーケストラサウンドとバンドサウンドが融合した「X X X」、レーザー光線が夜空を切り裂いた「NEXUS 4」などで緩急をつけたあとは、ライヴもいよいよ佳境へ。hydeは「こんなに長い間応援してもらえてうれしい限りですよ。ワールドツアーはすごいいいツアーだったけど、20年経ってもバンドの中で発見があるのがすごいなって。30年後はどうなってるのか」と意欲を明かし、観客の拍手を浴びていた。

2日目のラストを飾ったのは、凱旋公演初披露となる「虹」だった。色とりどりのサイリュームが美しく灯る中、結成の地にバンド名を冠した楽曲を響かせたL'Arc-en-Ciel。演奏が終わるとメンバーは名残惜しそうな表情を浮かべ観客に別れを告げる。hydeは「おおきに、大阪。また帰ってくるから」と力強く再会を約束してステージを去った。

なおL'Arc-en-Cielは凱旋ツアーの締めくくりとして、5月26日(土)、27日(日)にロックバンドとしては初めての東京 国立競技場2Days公演を実施。ちなみにメンバーは「国立は祭りだ!」と宣言しており、日産スタジアムおよびユニバーサル・スタジオ・ジャパンとは全く異なる演出が用意されているとのこと。さらに、当日の会場内では6月13日にリリースされる「L’Arc~en~Ciel Tribute」の全音源が初フルオンエアされる。これまでも十分サプライズに満ちたステージを繰り広げてきたL'Arc-en-Cielだが、ファイナルではさらにどんな驚きを与えてくれるのか。その内容は足を運んだファンのみが知ることになりそうだ。

<20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012>追加公演
2012年5月26日(土)、27日(日)東京国立競技場
開場14:30/開演17:00
【チケット料金】全席指定¥9,000 (tax in) / 参加席¥9,000(tax in)
【お問い合わせ】L'Arc~en~Ciel国立競技場公演事務局
0180- 993-995 (24時間テープ対応/一部携帯、PHS使用不可/IP電話使用不可)
◆e+ チケット申し込みページ
◆L'Arc~en~Cielオフィシャル・サイト
◆BARKS内<L’Arc~en~Ciel WORLD TOUR 2012>Photo Album公開中