ミューズ、オリンピックの聖火リレーに参加

ツイート
ミュースが日曜日(5月20日)、故郷デヴォンを通過した聖火リレーに参加した。

ミューズのメンバーは聖火をかかげ、3人一緒にシャルドン橋を渡りテーンマスの街まで走った。多くのファンが集まったため、警察は見学者を7,000人に絞ったそうだ。

ベーシストのクリス・ウォルステンホルムはその後、「今日、聖火を運んだのはものすごく名誉なことだ。知っている顔がたくさんあって素晴らしかった。トップ・デーだ」とツィートしている。

聖火リレーは土曜日(5月19日)にスタート。ロンドンのオリンピック会場を目指し70日をかけ8,000人(組)が全国8,000マイルを走る。

翌日(21日)にはブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムも参加。聖火をかかげトーントンの街中を走り抜けた。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報