リアム・ギャラガー、エコー&ザ・バニーメンのイアンに反撃

ツイート
リアム・ギャラガーが、エコー&ザ・バニーメンのフロントマン、イアン・マッカロクから歌詞について批判されたことに対し、反撃した。

マッカロクは以前、『Irish Independent』紙のインタビューで「リアムのことは好きだよ。でも正直言って、ビーディ・アイはクソだ。彼は場違いに見える。チャンスの到来を待ち、もうちょっと歌詞について考慮すべきだった。書く価値があるものをね」と話していた。

リアムはこういった批判に対し、もちろんご立腹。マッカロクの発言は半年以上前になされたものだが、いま気づいたのか、根にもっていたのか、日曜日(5月27日)Twitterに「イアン・マッカロク、俺の歌詞についての発言には気をつけたほうがいい。じゃなきゃ、お前のおでこに(俺の歌詞の)刺青入れてやるからな!」とのメッセージを掲載した。

ビーディ・アイは来月、マンチェスターで行なわれるストーン・ローゼズの再結成公演でサポートを務める。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報