高木正勝、アニメーション映画『おおかみこどもの雨と雪』の音楽と主題曲を担当

ツイート
アニメーション映画監督・細田守の最新作『おおかみこどもの雨と雪』の音楽と主題曲を高木正勝が担当したことが発表された。

◆『おおかみこどもの雨と雪』拡大画像

劇場アニメ『時をかける少女』や『サマーウォーズ』などで、国内外の映画賞を受賞した細田守監督の最新作『おおかみこどもの雨と雪』が、7月21日より公開される。この作品は、主人公・花が“おおかみおとこ”と恋に落ち、2人の間に生まれた“おおかみこども”姉弟を女手ひとつで育てていく13年間の物語を描いた作品。“おおかみおとこ”との恋愛・結婚・出産、そして人間と狼の顔をあわせもった“おおかみこども”の成長と自立の過程というファンタジックな設定でありながら、誰しもが直面するリアルで普遍的なテーマが、そこにはある。

この注目作の音楽と主題曲を担当したのが、高木正勝。デヴィッド・シルヴィアンのワールドツアーへの参加、UAやYUKIのミュージック・ビデオの演出など、自身のオリジナル作品はもとより、数々のコラボ作品で世界からの評価を受け、2009年のNewsweek日本版では「世界が尊敬する日本人100人」の一人に選ばれている。

長編映画全編の音楽制作を初めて手掛けることとなった高木正勝は、本格的なオーケストレーションにも挑み、主題曲「おかあさんの唄」ではシンガーソングライターのアン・サリーを迎えて、これまでとは違う音楽世界を作り上げた。

なお、本映画のオリジナルサウンド・トラックと主題歌がシングルリリースされる。どちらも、映画本編では使われていないデモバージョンも収録。細田監督がプロットや絵コンテを描きながら、高木の楽曲を聴いていたことから実現したという今回の組合せは、結果、作品の世界観をより深め、観客を物語の中に引き込むアニメーションと音楽が大きな見どころ/聴きどころとなっている。


<映画『おおかみこどもの雨と雪』主題歌「おかあさんの唄」>
アン・サリー/高木正勝
2012年7月11日(水)リリース
VPCG-82305 ¥1,000(tax in)
1.おかあさんの唄
2.おかあさんの唄[デモバージョン](vo.高木正勝)

<映画『おおかみこどもの雨と雪』オリジナル・サウンドトラック>
音楽:高木正勝
2012年7月18日(水)リリース
VPCG-84928 ¥2,500(tax in)
01.産声 / 02.めぐり / 03.陽だまりの守唄 / 04.ほしぼしのはら / 05.そらつつみ / 06.莟 / 07.ねね / 08.あたらしい朝 / 09.オヨステ・アイナ / 10.がさぶらたあた / 11.たねめみ / 12.きときと - 四本足の踊り / 13.ひふみのまじない / 14.太陽をもった日 / 15.すべての暖かいみち / 16.秘糸 / 17.あなたが編む世界 / 18.やわらかいまなざし / 19.少年と山 / 20.あめつちひといぬ/ 21.あなたはわたしの美しいうた / 22.虹のたてがみ/ 23.雨上がりの家 / 24.おかあさんの唄
*18、20、22は映画未使用曲
*7、11にはショーロクラブが演奏で参加

<映画『おおかみこどもの雨と雪』>
監督・脚本・原作:細田守
脚本:奥寺佐渡子
キャラクターデザイン:貞本義行
音楽:高木正勝

◆高木正勝オフィシャルサイト
◆映画『おおかみこどもの雨と雪』オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報