ベッキー♪♯、カラオケDAM主催ファンとのカラオケパーティーで「楽しいーっ!」

twitterツイート
「私もプライベート感覚でいい? みんな友達になった気分で楽しみましょう!」

厳正な抽選により招待された50人のファンとカラオケで盛り上がる、“プライベート・パーティー”な雰囲気にベッキー♪♯は最高の笑顔が満開だ。カラオケDAMの新曲目次本“DAM express”とのコラボレーション企画「DAM express presents“ベッキー♪♯と歌う会?”」は、まさにそのタイトルどおり、アーティストとファンが“友達感覚”でカラオケを歌って楽しめる、他には無いプレミアムな時間を提供するイベントとなった。

会場となった渋谷J-POPカフェでは、シングル「風のしらべ」のジャケット写真で本人が着用した衣装などのレアグッズが飾られたりと、約2時間のボリュームで楽しいイベントが満載。「ライブをやるときは何百人、何千人の前でガッツリっていう感じなので、これは……近すぎる(笑)!」。「DAM★うたフル」「DAM★うた」「メロDAM」を通じた多数の応募者の中から、激戦を勝ち抜いたファンを目の前にまずは「エメラルド」を披露し、リズミカルなタンバリンと手拍子が響く会場の雰囲気にベッキー♪♯本人も心から楽しんでいるようだ。

さらに、愛知県、山口県、石川県など全国からファンが集まる中、小さい女の子の姉妹が手渡しで花をプレゼントするサプライズも。ベッキー♪#から直々にカラオケで歌うコツを教われる「課題曲のコーナー」では、GReeeeNの作曲による爽やかなメロディにベッキー♪♯が歌詞を乗せた楽曲「風のしらべ」をレクチャーの後、全員で歌い、感動で涙を浮かべるファンの姿も。「とにかく前へ行こうぜ! っていう曲。私の夢はこれなんだ! って頑張っている人には響く曲じゃないかなと思うんで、とにかく楽しんでもらいたいです!」と曲紹介して披露した新曲「ヤルキスイッチ」も、歌声から伝わってくるベッキー♪♯らしいポジティブな雰囲気に大きな歓声が巻き起こる。

そんな“友達感覚”のパーティーは、ファンからの質問を募ったりと楽しい雰囲気で続いていく。

「最近誰とカラオケに行きましたか?」という質問には、「一番最近は高校時代の友達と2人きりで行った」と答え、「昔の恋を思い出す曲は?」という質問にはSMAPの「オレンジ」と答えたり、普段はなかなか聞けないプライベートトークも飛び出した。

ファンからの「カバンの中身を見せてください」というオーダーにもこころよく応え、ファンが「かわいいー!」と声を上げた私物のピンクカラーのバッグを公開。身の回りのものから愛飲している白湯を入れたポット、声をかけてくれたファンに鶴を折ってプレゼントすることもあるという折り紙など様々なグッズを紹介しながら、その場でじゃんけん大会を行い、勝ち抜いたファンへ私物をプレゼントする大サービスぶり。「ベッキーに歌って欲しい歌」のコーナーでは、リクエストされた曲の中からDREAMS COME TRUEの「うれしい!たのしい!大好き! 」を披露する。リクエストしてくれたファンの手を取ってステージに招いて肩を並べて歌い、サビのメロディを会場全体で大合唱すると、ベッキー♪♯も思わず「楽しいーっ!」と喜びの声を上げる。

さらに、「男を落とすときの勝負曲は?」という質問には、実際にカラオケでも歌う大好きな曲という宇多田ヒカルの「First Love」をしっとりとした歌声で披露し、かと思えば逆にファンの人達の勝負曲をその場で聞いて大塚 愛の「さくらんぼ」で再び会場は盛り上がる。そして最後は、DAMの“今月のカラオケランキング”の中から、「これだったらみんな知ってるんじゃないかな?」とスピッツの「チェリー」をチョイス。ファン一人ひとりがマイクを回しながら順番に歌い継いでいく、ハッピーな雰囲気たっぷりでイベントを締めくくった。「一番最後の歌詞が良かった!」とベッキー♪♯が感動した「チェリー」の歌詞“いつかまたこの場所で、君とめぐり合いたい──。”そのままに、こんな幸せな瞬間をまた一緒に共有したいと、その場にいた誰もが感じたに違いない。

ベッキー♪♯:もう本っ当に楽しかったです! “お仕事”じゃなかったです(笑)。色んな世代の方々に来ていただいて本当に嬉しく思います。ぜひまた遊びに来てください!

老若男女のファンが集い、さらにUSTREAMでも生中継されたこの「ベッキー♪♯と歌う会?」は、今後もさらに続いていく予定とのこと。アーティスト本人とカラオケパーティーで盛り上がることができ、みんなで一緒に歌うことの楽しさも堪能できるプレミアムなイベントの様子は、DAM expressの公式Twitterでも写真が公開されているのでそちらでもチェックしてみて欲しい。

◆BARKSカラオケチャンネル
◆ベッキー♪♯ オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス