Hello Sleepwalkers、セオリーなきハイブリッドなサウンドの精度が一段と高まった「円盤飛来」

ツイート

いつまでも絶え間なく続いていく進化を。どこまでも淀みなき音楽の自由と創造性を。そして、誰も触れたことのない革新的なロック・ミュージックのポピュラリティを。彼らは、数分の楽曲のなかで本能的にそれを求め、緻密に具現化しようとする。今年1月にリリースしたデビュー・アルバム『マジルヨル:ネムラナイワクセイ』で、比肩なきその音楽像を明らかにしたHello Sleepwalkers。ニュー・シングル「円盤飛来」は、最近のライヴでオープニング・ナンバーとして定着している1曲だ。

“不穏な躍動感”を表出させる4つ打ちのキックとギター・リフの連なりがイントロを先導し、悲痛な色をまとったシュンタロウのシャウトを合図にサウンドが動き出す。やはりドラスティックに、目まぐるしい転調を繰り返しながら。この楽曲で強調されているのは、横ノリのグルーヴ感だ。ヘヴィ・ロック~ミクスチャー・ロック的なアプローチにラテンっぽいパーカッシヴなリズムが絡み合い、シュンタロウとナルミによるツイン・ヴォーカルのコントラストが楽曲全体の緊張感を煽りながら、やがてメロディアスに突き抜けていく。後半にはポエトリーリーディングのパートが現れ、無軌道なダイナミズムが際立つラストへ向かっていく。セオリーなきハイブリッドなサウンドの精度が、一段と高まっていることを証明する1曲だ。

「この曲はスタジオでジャムっているときにイントロのドラムとギターが生まれて、そこからサウンドを構築していきました。ラテンっぽいリズムもそこから派生していったものですね。前半と終盤のモードがだいぶ違うし、自分たちの曲のなかでもカオスな曲だと思うんですけど、だからこそライヴですごく感情的になれる曲で。一気にテンションを上げることができるので、最近のライヴでは1曲目に演奏することにしています」(シュンタロウ/以下同)

“終わりのはじまり”をイメージさせる歌詞の筆致はコンセプチュアルなストリーリー性に富んでいると同時に、Hello Sleepwalkersの音楽観にうごめく破壊衝動や狂気性の発露も感じ取ることができる。

「まだ予定なんですけど、次のアルバムに向けて、複数のキャラクターの異なる視点が介在するようなストーリーを書きたいと思っていて。この曲がそのきっかけになったんです。この曲では科学者の視点を書いていて。その科学者が忌み嫌っている画家を殺してしまうことから全体のストーリーがはじまるんです。科学者はかなりぶっ飛んだ奴なんですけど、彼のなかには僕の視点も入り込んでいます。このストーリーがこれからどうなっていくかは僕にもわからないんですけど、これからがんばって向き合いたいと思います」

カップリングの「21」は、シュンタロウのパーソナルな寂寞感が叙情的な歌心をもって編まれていて、かなり深く沁みる。

作品ごとに化けていくHello Sleepwalkersがどこに向かっていくのか。それは誰にもわからない。だからこそ、一瞬たりとも見逃せない。


New single
「円盤飛来」
2012年6月6日発売
AZCS-2019 ¥777(tax in)
1. 円盤飛来
2. 21

Debut Album
『マジルヨル:ネムラナイワクセイ』
2012年1月18日発売
AZCS-1017  ¥1.680(tax in)
1. ミッドナイトにグッドナイト
2. 月面歩行
3. 惑星Qのランドマーク
4. センチメンタル症候群(Album Ver.)
5. 感状遊泳
6. 五次元少女リア
7. 寝てる

<ONE OK ROCK 2012 "Start Walking The World Tour">
5月30日(水)東京; 新木場STUDIO COAST guest / 9mm Parabellum Bullet
5月31日(木)東京; 新木場STUDIO COAST guest / 阿部真央
6月4日(月)大阪; なんばHatch guest / モーモールルギャバン / Hello Sleepwalkers(Opening Act)
6月5日(火)大阪; なんばHatch guest / CROSSFAITH
6月9日(土)台湾; Legacy Taipei
6月16日(土)韓国; AX-KOREA
6月30日(土)シンガポール; *SCAPE
※4月28日より東京、大阪公演のチケット一般販売開始

<スペースシャワー列伝 ~第八十九巻 むだいの宴~>
5月18日(金)東京 Shibuya O-nest
OPEN 18:00 / START 19:00
出演:赤い公園 / KUDANZ / Hello Sleepwalkers / indigo la End

◆オフィシャル・サイト
◆Twitter
◆A-Sketch
この記事をツイート

この記事の関連情報