スリップノット、ダーク・カーニバル<KNOTFEST>を開催

ツイート

現在、メンバー順にシド、ジョーイ、ポール…と「Antennas To Hell」と呼ばれる映像を次々と公開し始めているスリップノットだが、彼らが主催となるフェス<KNOTFEST>フェスティバルの開催を発表した。これは熱い!

◆「Antennas To Hell」映像

出演バンドは、ラム・オブ・ゴッド、ゴジラ、デフトーンズ、サージ・タンキアン、デスロック、ザ・ディリンジャー・エスケイプ・プラン、アージ、カンニバル・コープスといった面々が愛らかとなっており、最後はスリップノットがヘッドラインを飾ることになる。

8月17日と18日の2日間にわたり、地元アイオワとミネアポリスの2箇所で開催となるが、パーカッション担当のクラウンはROLLING STONE誌にて、「<KNOTFEST>は俺たちが管理する。俺たちが作るこの1日をファンが愛し、俺たちのアイデアでみんなが一緒に遊ぶ、1日中ファンが周りにいるようなフェスだ」と頼もしいコメントを寄せている。またクラウンは、<KNOTFEST>を「ダーク・カーニバル」という趣向で、大きなサーカスのテントや火柱など様々なものを用意したスリップノット・ミュージアム的なものになるという事も明かしており、単なるフェスではないことを期待させてくれている。

「俺たちは悲劇が起きたが進む事を決めた。俺たちが感じる事をみんなでシェアしよう、その気持ちで去年の夏、俺たちはツアーに出て、METALLICAのオープニングでROCK IN RIOにも出演した。そして今、オーストラリアから戻ってきて、再び素晴らしいユニークなツアーに乗り出すつもりだ。これは大いなる喪失によって産まれた感情、これらによって消費されたすべてのプロセスのエンディングだ。この章は終わる。そしてバンドは動くだろう」──クラウン

ベスト・アルバムをリリースし、次なる新作も期待されるスリップノットが、ついに動き出したということだ。




◆<KNOTFEST>オフィシャルサイト
◆スリップノット・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報