2PM+2AM'Oneday'、映画完成披露プレミア試写会に登場

ツイート
6月7日、人気K-POPグループ、2PMと2AMがひとつになったユニット2PM+2AM'Oneday'が出演した最新ドキュメンタリー映画『Beyond the ONEDAY ~Story of 2PM & 2AM~』の完成披露プレミア試写会が行われた。試写会には定員644名にもかかわらず、1万人を超える応募数があった。

◆2PM+2AM'Oneday' 拡大画像

映画は、ダンスパフォーマンス中心の魅せるグループ=2PMと歌唱力中心の聴かせるグループ=2AMという、まったく対称的な魅力を持つ兄弟グループが誕生したオーディション番組から、ライブパフォーマンス映像の数々や舞台裏、さらには10人それぞれが自分自身のコトバで綴るインタビューシーンやオフの表情まで、貴重な素顔が記録されている。

2PMのジュンスは、「僕たち練習生の時から、一緒に練習をし、共に過ごしてきた、家族のような想い出がたくさんあります。だからまだ(映画になったことが)信じられないです、嬉しいです」と完成の喜びを語った。

「この映画には10人で一緒に揃っているシーンがたくさん登場するんですね。橋の上を走ったり、オープニングやエンディングでも10人が立っている姿がフルショットで映しだされます」と語ったのは2AMのジオン。屋形舟や水族館など、日本ならではのシーンも見どころとなっている。

なお、挿入歌の「No Goodbyes」はジュンスが2PM+2AM'Oneday'のために作詞作曲を手掛けたナンバーであり、主題歌の「One day」は両グループの10名が揃って、初めてレコーディングしたナンバー。2PMのチャンソンは「練習生の時から一緒に夢に向かって走ってきた10人が初めて同じ曲を録音して感動的でした」とレコーディングを振り返った。

兄弟グループとして、またデビュー前から互いに切磋琢磨しあってきたライバルとしての絆。完成披露プレミア試写会の最後に2PMのジュノは、「これからも2PMと2AMの活動も一生懸命がんばりますので、皆さんぜひ応援して下さい。ありがとうございました」と感謝と決意を語った。夢に向かって走り続ける男たちの感動のドキュメンタリーにして、10人にとってのまた新たな出発点となるこの作品は、6月30日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で公開される。

<映画『Beyond the ONEDAY ~Story of 2PM & 2AM~』>
6月30日(土)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
出演:2PM+2AM'Oneday' / 監督:大道省一 / 製作:新坂純一 北川直樹
企画・プロデュース:古澤佳寛 杉山剛 / プロデューサー:高橋信一 / ラインプロデューサー:三好保洋
撮影:神戸千木 / 整音:久連石由文 / 編集:小野寺絵美 / 制作:ジャンゴフィルム
制作協力:JYP & Big Hit Entertainment / 配給:東宝映像事業部 / 2012/日本/カラー/ビスタサイズ
(C)2012「Beyond the ONEDAY」製作委員会
映画『Beyond the ONEDAY ~Story of 2PM & 2AM~』オフィシャルサイト:http://www.oneday-movie.jp/

◆2PM オフィシャルサイト
◆2AM オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報