夢のVOICE OF AOR、オーディエンスのハートは完全に彼らの掌中に

ツイート
レジェンダリーな4人のシンガーたちが、名古屋の地でダイナミックに躍動した。TOTOのオリジナル・シンガーであるボビー・キンボールと、その後を継いだ2代目ファーギー・フレデリクセン、長年シカゴを支えたビル・チャンプリン、そして再編ジャーニーでフロントを務めたスティーヴ・オージェリーが一堂に会す、夢のユニットVOICE OF AOR。その日本初演を6月7日、Zepp Nagoyaでいち早く観て来た。

◆VOICE OF AOR画像

バックを務めるのは、このユニットの立案者であるスウェーデンのギタリスト:トミー・デナンダー以下、計5人のミュージシャン。彼らはストックホルムでリハーサルを行ない、日本でレジェンズと合流して音を合わせ、公演に臨んだ。開演前に楽屋を訪ねたが、面々は終始リラックス・ムード。それを見て充実の仕上がりを確信したが、それも束の間、彼らのパフォーマンスはこちらの予想を軽く蹴散してしまうほど、エネルギッシュでパワフルだった。

ほぼフル・ハウスのオーディエンスは、客電が落ちるとすぐに総立ち。最初にステージへ飛び出したのは、細身のファーギー・フレデリクセンだ。いきなりフル・スロットルでTOTO『アイソレーション』のアルバムからブチかまし、圧巻のオープニング。その伸びやかなハイトーンは、まったくの衰えを知らない。後ろにはビルとボビーが控え、絶妙なハーモニーを付ける。ご本家TOTOでも味わえぬ、まさに贅沢な一瞬だ。続けて、同じ『アイソレーション』アルバムの楽曲を畳み込み、オーディエンスのハートは完全に彼らの掌中に握られた。

2番手には、アコースティック・ギターを抱えたビル・チャンプリンが登場、シカゴのパワー・バラードなど数曲を歌う。もちろん、アース・ウインド&ファイアーに提供した一世一代の名曲「アフター・ザ・ラヴ・イズ・ゴーン」も披露。「ピーター・セテラはいないけど、今日はファーギーがいる」と紹介されたのは、シカゴの名曲もあり(ここでは敢えて伏せておきます)。いつもよりハードなアンサンブルに、彼の歌いっぷりにも熱気が増していたようである。

替わってステージに現われたのは、スティーヴ・オージェリーだ。壮大なシンセのイントロからのあの、ジャーニーの名曲(!)が始まると、体感温度が1~2度上昇したような錯覚を覚える。ヒット・メイカーとしてのジャーニーの威力、大合唱を呼び起こすキャッチーな名曲の数々、そして何より、お馴染みのナンバーに新しい魂を吹き込んだオージェリーのヴォーカルに、大きな感動を覚えた。

トリは元気いっぱいのボビー・キンボール。時に好不調の波が伝えられるが、今回はコンディションが良く、スムースにハイトーンが出ている。そして定番「アフリカ」や「ロザーナ」では、スティーヴ・ルカサーのパートをビルが歌い、コーラスにはファーギー、スティーヴ・オージェリーの揃い踏み。ちょっと意外な選曲も交えつつ、場内のヴォルテージは最高潮に達した。

こうしたスペシャル・ユニットのパフォーマンスは、どうしても演奏やアレンジの粗さが目立つもの。しかし彼らは、二段構えの準備とオリジナルに忠実なアレンジでそれを補い、リアルタイム世代中心のオーディエンスから瞬時に信頼感を得た。とりわけファーギーのパートは、昨今のTOTO以上にTOTOらしいもの。アンコール含めて全17曲、ステージとオーディエンスが一体化した、心地良い余韻を残すライヴだった。

なお、東京での2日間のステージでは、日替わりメニューが追加される可能性があるそう。4人のレジェンズに心当たりのある方は、後悔せぬよう、きっと観るべし。

音楽ライター:金澤 寿和

<VOICE OF AOR>
・Bobby Kimball(Original singer of Toto)
・Bill Champlin(Formerly of Chicago)
・Fergie Frederiksen(ex. Toto)
・Steve Augeri(ex. Journey)
・Band:LEGENDS(from Sweden)

6月7日(木)名古屋 Zepp Nagoya
開場18:30 開演19:00
\9,000(税込・全席指定) 別途1ドリンク
[問]キョードー東海 Tel:052-972-7466

6月9日(土)大阪 NHK大阪HALL
開場17:00 開演17:30
\9,000(税込・全席指定)
[問]キョードーインフォメーション Tel:06-7732-8888

6月11日(月)東京 中野サンプラザ
6月13日(水)東京 渋谷公会堂
開場18:30 開演19:00
\9,000(税込・全席指定)
[問]クリエイティブマン Tel: 03-3462-6969

◆チケット詳細&購入ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス