松崎しげるの「愛のメモリー」づくし、メガボリュームでヒットの兆し

ツイート
6月6日に発売された松崎しげるのメガボリュームシングル「愛のメモリー 35th Anniversary Edition」が、6/13付オリコンチャートにて79位にランクインしたことが分かった。近年、ゲストで参加した作品のTOP100入りはあったものの、松崎しげる名義のシングルでは1987年9月25日発売された「君がいればそれでいい」以来、25年ぶりチャートインを飾ったことになる、「愛のメモリー」は1977年8月10日のオリジナルの発売から実に35年ぶりとなるオリコンランキング入りだ。

◆松崎しげる画像

メガボリュームシングルと語る本作は、これまで各メーカーで発売されてきたスタジオ録音の「愛のメモリー」を網羅し、亀田誠治による2012バージョンとボッサ・バージョンの新録音2曲を加え、全12曲の「愛のメモリー」がぎっしり詰まった、鼻血が出そうな超濃厚作品。カラオケ2曲までついて全14曲、12曲をぶっ続けて聞いて最後2曲を自分で熱唱すれば、もうそれで昇天である。それでいながら1000円(税込)というデフレ価格も話題を呼んだところだ。

今回、特に好調な売れ行きを見せたのがAmazonだという。発売前後1週間にわたってミュージック総合ランキング50位前後を推移し、発売中のシングルに限定すると、嵐やAKB関連ユニットとトップ争いをするという、ハブ対マングースのような形相に。実店舗でも「愛のメモリー」の金太郎飴状態がツボにはまったのか、関西地方で突出して売れているという面白現象も起こっている。

今週も、ネットとリアルショップの多くで品切れが続き、バックオーダーが千枚以上届いていることから、来週以降のチャートインも確実なところ。日経エンタテインメント!等でヒット解説をしている音楽チャートアナリスト・つのはず誠は、「これまでは、“歩くメラニン色素”と言われる強烈なキャラクターばかりが前面に出てしまっていた。しかし、由紀さおりさんのヒット以降、歌謡曲の良さが再認知され、松崎しげるさんの卓越した歌唱力も素直に評価されたのでは」と分析する。

このまま「愛のメモリー」のヒットが続けば、由紀さおりと松崎しげるが揃って年末の紅白歌合戦に復活する可能性も考えられる。由紀さおりの“美白”と松崎しげるの“闇に溶けるガングロ”で、紅白ならぬ白黒歌合戦が実現することになる。ポケモンしかり、ブラック&ホワイトが2012年下半期のトレンドとなるのか?

「愛のメモリー35th Anniversary Edition」
HUCD-10107 ¥1,000(税込)
1.愛のメモリー 2012ver. 亀田誠治氏プロデュース 新録音
2.愛のメモリー Bossa ver. 亀田誠治氏プロデュース 新録音
3.愛のメモリー 2000年、アルバム「OLD FASHON LOVE SONG」より
4.愛のメモリー 2005年、アルバム「My Favorite Songs」より
5.愛のメモリー2009 2009年、アルバム「Yes We Can!!」より
6.愛のメモリー21 2000年、アルバム「OLD FASHON LOVE SONG」より
7.愛のメモリー 1994年、アルバム「Memories of love」より
8.愛のメモリー 2007年、シングル「愛と復讐の嵐」より
9.愛のメモリー 2003年、DVD「Emotional Live」より
10.愛のメモリー 1988年、アルバム「TIME」より
11.愛のメモリー 1977年、シングル「愛のメモリー」
12.愛の微笑 1975年、「愛のメモリー」原曲
13.愛のメモリー 2012verインストゥルメンタル
14.愛のメモリー Bossa ver. インストゥルメンタル

<「愛のメモリー」35th Anniversary Live Tour>
7月10日(火)
@名古屋ブルーノート
1st 開場17:30 開演18:30
2nd 開場20:30 開演21:15
チャージ:\8,500円
名古屋ブルーノート http://www.nagoya-bluenote.com/index.html

7月12日(木)
@ビルボードライブ大阪
1st 開場17:30 開演18:30
2nd 開場20:30 開演21:30
サービスエリア¥8,400円
カジュアルエリア¥6,900円
ビルボードライブ大阪 http://www.billboard-live.com/pg/shop/index.php?mode=top&shop=2
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス