アッシャー、来週の全米チャートで4度目のNo.1となるか

ツイート

アッシャーのニュー・アルバム『ルッキング・フォー・マイセルフ』が、来週の全米アルバム・チャートで自身4度目のNo.1に向けまっしぐらだ。業界筋によると、同アルバムはチャート集計終了日である17日の日曜までに12~13万枚のセールスを見込んでおり、ラッシュの『クロックワーク・エンジェルズ』、エド・シーランの『プラス』、ジョシュ・ターナーの『パンチング・バッグ』を大きく引き離しているという。

ただ、2年前に初登場1位を獲得した『レイモンド V レイモンド』の週間32万9000枚と比べると低い。CDが売れなくなっているとは言え、1997年の『マイ・ウェイ』の6万7000枚に次ぐ低水準になりそうだ。しかしながら、『ルッキング・フォー・マイセルフ』からは既にシングル「クライマックス」がR&B/ヒップ・ホップ・チャートで9週間首位をキープ中。続く「スクリーム」もHOT100のシングル・チャートを駆け上っており、今週13位にランクされているなど、決してユーザーの反応は悪くない。20日の水曜に発表される来週のチャートが楽しみだ。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報