リル・ウェイン、100曲目の『R&B/ヒップ・ホップ』チャート・イン

ツイート

ラッパーでヤング・マネー・エンターテイメントの創始者であるリル・ウェインが、『R&B/ヒップ・ホップ・ソング』に100曲目のチャート・インを果たした。この偉業はフレンチ・モンタナのシングル「ポップ・ザット」で達成。リル・ウェインはリック・ロスやドレイクと共にフィーチャリング・アーティストとして共演している。なお、同チャートでウェインを超えるのは、ジェイ・Zの108曲、そして1956年から1993年にかけてジェームス・ブラウンが作った111曲だけだ。

もちろん、ラッパーのリル・ウェインやジェイ・Zはフィーチャリング・アーティストとしてのエントリーが多い。100曲のうち、リル・ウェインの場合69曲が、ジェイ・Zの場合39曲がフィーチャリング・アーティストとしてのランク・インとなっている。また、リル・ウェインの100曲中、2007年にゲスト参加したロイドの「ユー」を皮切りに、彼自身の「ロリポップ」「ア・ミル」など8曲がNo.1を獲得。2008年には18曲ものチャート・エントリーを果たした。

一方、ウェインはすべてのジャンルを網羅した全米ビルボードHOT100でも100回を超えており、今回で102曲を記録。こちらはフォックス『グリー』シリーズによる203曲、エルヴィス・プレスリーの108曲に次ぐ3番目の記録となっている。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報