<everset vs 仮面ライダーGIRLS>対バンライヴ第2弾ではアニメ『SKET DANCE』関連曲を多数披露

ツイート

テレビアニメ『SKET DANCE』の第5期オープニングテーマを務めるeversetのシングル「Reboot」の発売を記念して、6月24日、ライヴ<everset vs 仮面ライダーGIRLS 向かい風一本勝負 東二局~ >が、高田馬場にあるCLUB PHASEにて開催された。

◆<everset vs 仮面ライダーGIRLS 向かい風一本勝負 東二局~ > 画像

eversetと仮面ライダーGIRLSの対バンは、3月に開催された<everset vs 仮面ライダーGIRLS 向かい風一本勝負>に引き続き2度目。さらに今回は、テレビアニメ『SKET DANCE』から生まれ、第5期エンディングテーマを務めるThe Sketchbookもスペシャルゲストとして登場した。

ライヴは、eversetの緋村剛とThe Sketchbookの小原莉子のコラボによる、アニメ『SKET DANCE』1stオープニングテーマ「カッコ悪い I love you!」からスタート。そしてトップバッターとして仮面ライダーGIRLSが舞台に登場する。未発表の新曲「Last Engage」を含む9曲を披露し、歌とダンスで会場を沸かせた。

続いて、仮面ライダーGIRLSメンバーの遠藤三貴と名倉かおりがアニメ『SKET DANCE』3rdオープニングテーマである「Graffiti」を披露。そして、スペシャルゲストのThe Sketchbookが「盛り上がっていきましょー!!」とステージイン。現在発売中で、アニメ『SKET DANCE』5thエンディングテーマ「Colors」を含む5曲を披露した。

会場の熱気も冷めやらぬ中、満を持して登場したのはeverset。大きな歓声に迎えられた彼らは、「The Sketchbookもアニメ界では先輩だけど、一回り年下なんだよね。若いバンドに座を譲れといわれるけど、絶対にゆずらねぇ! 本気でいくぜ!」とシャウト。6月20日にリリースしたばかりのアニメ『SKET DANCE』現オープニングテーマ「Reboot」を含む10曲を披露し、会場のボルテージは最高潮となった。

アンコールでは、eversetがカップリング曲となっている「Reunion」を披露。ボーカルの緋村は感極まって涙ぐむ場面も。仮面ライダーGIRLSが加わり「O.K. Alright」を披露した後、最後にThe Sketchbookも加わり、出演者全員で「EVAN ROCK」を披露。一体感に包まれたままの終演となった。

「ライヴを待ってくれていたファンの嬉しそうな顔をみて、僕たちも嬉しくなりました。早くアルバムを出して!早く全国ツアーやりたいです!! DJハリーケーンから特別なライヴだからファンに喜んでもらいたい!という提案から始まったんですが、当日リハーサルって事もあり、生々しさが出てて楽しかったです!」── everset

「今回は2回目の<向かい風一本勝負>に出演させて頂いたんですが、新曲の初お披露目もあってとても緊張していたんですが、これまでのどのライヴよりもお客さんとの一体感があって凄く興奮しました。お客さんのテンションが高かったから、こっちも負けないぞ!ていう気持ちでパフォーマンスしていました。お客さんとの距離も近くて、反応をダイレクトに体感できたので、楽しんでもらって笑顔になってもらいたい!と思いましたし、今日のライヴは、実際にお客さんの笑顔がたくさん見れて、幸せな瞬間がたくさんあって、ついニヤニヤしちゃいました!!」── 仮面ライダーGIRLS


「僕たちはeversetのtatsuoさんにプロデュースしてもらっているってことで今回のライブに呼んで頂きました。eversetのファンがたくさんいる中で、最初はとても不安で緊張したんですけど、いざ本番を迎えたら、凄く温かく迎えてくれてとても盛り上がれたので、とっても楽しかったです!!tatsuoさんに作って頂いている楽曲でこれだけ盛り上がって頂いたので「やっぱりtatsuoさんは凄い!」と思いながらパフォーマンスしていました。」── The Sketchbook

◆everset オフィシャルサイト
◆仮面ライダーGIRLS オフィシャルサイト
◆The Sketchbook オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報