ロッド・スチュワート、秋に初のクリスマスアルバム

twitterツイート

ロッド・スチュワートがユニバーサル・ミュージック・グループに移籍し、同グループ傘下のヴァーヴ・レコードと多数のアルバム・リリースを含む長期契約を交わしたとユニバーサル・ミュージックの会長兼CEOのルシアン・グレンジらが公表した。

ヴァーヴ・レコードの会長は売れっ子ベテラン・プロデューサーとしても有名なデヴィッド・フォスター(これまでにシカゴをはじめホイットニー・ヒューストン、セリーヌ・ディオン、マドンナ、マイケル・ジャクソンなどをプロデュース)であり、ロッドは彼と共にホリデー・アルバムとして、初のクリスマス・アルバムを録音するという。デヴィッド・フォスターはホリデー・アルバムに関しても、アンドレア・ボチェッリやジョッシュ・グローバンらをプロデュースしマルチ・プラチナム・セールスの実績を持っているため、両者の思惑が一致したと思われる。

ニュー・アルバムは2012年秋にリリースされる予定。ちなみにロッド・スチュワートは全世界でアルバムを1億5000万枚以上売り上げており、グラミー賞にノミネートされること18回、2012年はソロとしてだけでなくフェイセスのメンバーとしてもロック殿堂入りを果たしている。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報