クリスティーナ・アギレラのニュー・アルバム、遅くとも今夏末に

twitterツイート

2010年の『バイオニック』以来となるクリスティーナ・アギレラのニュー・スタジオ・アルバムが、遅くとも今夏末には全米リリースされることになった。また、アルバムからのニュー・シングルは8月初めにリリースされる予定だという。プロデューサーは、これまでブリトニー・スピアーズやケリー・クラークソン、ケイティ・ペリーらを手掛けてきたマックス・マーティンだ。

ところで、アギレラはNBCの人気オーディション番組『ヴォイス』でコーチをつとめており、5月から再スタートしたシーズン2でも共演者たちと共に継続中だ。その共演者たちの一人、アダム・レヴィンとは彼のマルーン5の「ムーヴス・ライク・ジャガー」で全米No.1をゲットしているが(アギレラにとって10年ぶり)、今回もブレイク・シェルトンやシーロー・グリーンとのデュエットがアルバムに収録される予定。シーローとのコラボ曲「ナスティ」は元々、アギレラが8曲提供したサウンドトラック『バーレスク』に収録されるはずだったという。

『バイオニック』はサウンドスキャン調べで全米で30万8000枚、『バーレスク』は59万3000枚のセールスを記録している。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス