IMALU、サイト2CHOPOで同性婚に賛同を表明

twitterツイート
IMALUが、LGBT(ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスセクシュアル)情報ポータルサイト2CHOPOにて、同性婚に対し賛同意思を表明した。オバマ米大統領の同性婚容認発言を受け、海外ではレディー・ガガを始めとする多くの著名人が同性婚賛同を表明しており、多くの理解が進んでいる状況にあるが、同性婚が認められていない日本において、一線で活躍するアーティスト/タレントが同性愛・同性婚に関し言及し公式立場として賛同を表明することは、これが初の事例になるという。

◆IMALU画像

2CHOPOは、新宿2丁目を中心としたLGBTカルチャーのありのままを発信するサイトで、女装タレント:バブリーナと、バイセクシャルを公言しているアーティスト:キムビアンカが編集長を務めており、タレント&アーティストが運営の主軸を握っている。IMALUは彼等との交流も深く、2011年より新宿2丁目にて開催中のイベントへの連続出演を行って来ていることから、2CHOPO内にて3人の鼎談インタビューが実現、今回の同性婚賛同表明は、このインタビューの中でなされたものだ。

インタビューの中では他にも新宿2丁目や同性愛等に対するIMALUの素直な思いと、アーティストとしての意志の強さを伺わせる内容となっている。

2CHOPO(にちょぽ)
「LGBTをありのままで生きる」をテーマに掲げ、新宿2丁目のLGBTカルチャーを中心に発信を続けるポータルサイト。2012年3月26日オープン。ゲイシーンにおいて絶大な支持を得るマドンナの新作アルバム『MDNA』の発売日と同日にサイトがオープンしたことから、『2CHOPO loves マドンナ』と題し、全国のドラァグクイーンがマドンナの歴代衣装に身を包んだ「MADONNA100」、アメリカ車12台を使用した『東京都内マドンナパレード』など、国内最大級のマドンナプロモーションを展開したことで話題となった。タレント:バブリーナとアーティスト:キムビアンカが編集長を務め、LGBTカルチャーのパワーに華やかにスポットを当てる新型ポータルサイト。

◆2CHOPO「特集 鼎談インタビュー:IMALU(アーティスト)」
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報