ゴツいボディに無数のスタッズ、突き刺さる金具……motsu(m.o.v.e)のサングラスが一般発売へ

ツイート
アイウェアといえば、おしゃれのマストアイテムのひとつ。「この夏は、人とちょっと違う、ワンランクもツーランクも上のアイウェアでおしゃれを楽しみたい」という人もいることだろう。そんな人にピッタリの、斜め上を行くサングラスが一般発売されることになった。それが、2012年10月で結成15周年を迎えるm.o.v.eのmotsuが手がける超過激なハンドメイドブランド・GHETTO BLASTA(ゲトーブラスタ)のサングラス。一言でいうなれば、「motsuさん、パネェっす!」。

◆GHETTO BLASTAのサングラスをかけたmotsuの画像

GHETTO BLASTAは、おもにmotsuのアーティスト衣装としての使用を前提に2008年に始動したプライベートブランド。今まで一般発売される事はなかったが、「自身の音楽に於ける過激な表現を、ファッションのフィールドにTranslationする」というコンセプトの通り、その超過激にして奇抜なデザインがファンはもちろん、業界関係者、ほかのアーティストからも高い注目を浴びていた。

そんなGHETTO BLASTAのサングラスが、2012年7月、一般発売される。タッグを組むのは、過去と未来のバカノリ音楽からザッピングを旨とし、インターネットを含んだ“ニューストリート”ウェアを提唱するビビッドカジュアルブランド・galaxxxy。このgalaxxxyが渋谷円山町に手がけるショップ「galaxxxy in Hi-Fi」にて、7月14日から29日までの間、GHETTO BLASTAの展示会と、9パターンのサングラスが販売される。

さらに、motsuが過去に所属していた超過激ダンスユニット・MORE DEEPの大ファンだったというgalaxxxyのデザイナーの要望に応える形で、MORE DEEP Tシャツ、コラボレーション缶バッジも販売されるとのこと。

motsuならではの奇想天外なデザインで、インダストリアルなゴツいボディにスタッズが散りばめられ、さらに刺さりそうな金具が飛び出ていたり。もし普段使いしたなら、間違いなくこれまでとは違った生活や人生になるであろうことは想像できそうだ。なお、サングラスは1点1点motsuによる手作り。m.o.v.eファンにとっては間違いなくマストアイテム、そう、文字通り“絶対手に入れたいアイテム”だ。

展示会には、販売商品以外にもmotsuのグラフィティーなど、様々な企画が用意されているとのこと。

◆GHETTO BLASTA オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報