俳優・三浦涼介がアーティストデビュー。「夢は掴めるものなんだと実感している。」と涙

twitterツイート
『仮面ライダーオーズ/OOO』のアンク役など、俳優として活躍する三浦涼介が、7月11日に歌手として念願のメジャーデビュー。翌7月12日に、池袋・サンシャイン噴水広場にて記念イベントを行なった。

◆三浦涼介 画像@デビュー記念イベント、「夏だよHONEY!!」ミュージックビデオ

三浦涼介は、俳優・三浦浩一と元タレント・純アリス夫妻の三男として生まれ、2002年に俳優としてデビュー。映画『のだめカンタービレ』やテレビドラマ『3年B組 金八先生』、『ごくせん』などへの出演経験を持ち、近年では『仮面ライダーオーズ/OOO』のアンク役として子供たちからお母さん世代まで絶大なる人気を集めるなど、今、注目の俳優のひとりだ。

そんな“俳優”の三浦涼介が、シングル「夏だよHONEY!!」で念願のアーティストデビューをはたした。この日のイベントは2回公演で、集まったファンは約1000人。三浦は男女4人のダンサーを従えてデビュー曲「夏だよHONEY!!」を歌唱。小6からレッスンをしているというダンスパフォーマンスで、普段の俳優の顔とは違う“アーティスト・三浦涼介”を披露した。

ファンの歓声に応えた三浦は、「夢見ていたメジャーデビューが本当に嬉しい。たくさんの人に支えられてここまで来れたと思います。夢は掴めるものなんだと実感している。」と、涙ぐみながらコメント。さらに7月19日からの全国ツアーについても「ファンの皆さんが一緒に楽しめるものにしたい!」と、ツアーに向けての抱負を語った。

「夏だよHONEY!!」は、タイトル通りの“夏”を感じるサマーチューン。“なでしこジャパン”の澤穂希選手や川澄奈穂美選手らが出演している、カラオケSHIDAXの新CMソングに起用されている。


◆三浦涼介 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon