馬場俊英アコースティックツアー、感動のファイナル

ツイート
5月から始まった馬場俊英の全国アコースティックツアー24公演のファイナルが、7月14日、15日赤坂BLITZにて開催され、両日満員のまま感動の幕を閉じた。

アコースティックサーキットと題し、4人編成・2人編成から馬場俊英単独弾き語りまで、会場によって編成を変え曲順もその日に決めるスタイルで行なってきたもので、ほぼ全公演違うセットリストで開催されてきたもので、金沢や盛岡などデビュー16年目にして初めてのワンマンライブとなった地域もあった。会場によっては“BAR平凡”というBARがステージに組まれ、各地の名物DJやスタッフが登壇、音楽の話やご当地トークが展開されたが、7月14日には須藤晃が登場し馬場俊英との出会いや制作裏話を暴露、場内大爆笑を巻き起こした。

今回のツアーでは、馬場俊英のルーツとも言える1970年代フォークソングを中心に名曲がカバーされていた。岡林信康「私たちの望むものは」や泉谷しげる「春のからっ風」などを披露、14日は須藤晃よりサプライズリクエストで玉置浩二「田園」を歌い、会場は総立ちとなった。両日ともライブ後半は4月にリリースされた「平凡」や新曲「HALF」、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」で会場は一体化、本編ラストは未発表曲の「弱い虫」で語りかけた。

アンコールでは8月1日にリリースとなる9分超えの大作「犬はライオンになりたくない」で再び会場総立ち、スクリーンに映し出された歌詞にファンは笑いあり涙ありそれぞれの群像劇に自分を照らし合わせていた。ラストは、「EP1~平凡」に収録されツアーで成長し続けてきた「オオカミの歌」を熱唱、最後にマイクを外し生声で届けた。15日のファイナルでは鳴り止まない拍手の中“最後にもう1曲”と「旅人たちのうた」を歌い、全18曲でツアーは幕を閉じた。

赤坂公演では、2012年秋冬のツアー東京公演が発表され、12月12日渋谷公会堂公演も明らかとなった。7月21日には大阪城野外音楽堂で1日限りのFM COCOLO オーディナリー Radio LIVE!!が開催され、久々のバンドでのパフォーマンスを繰り広げる。

<馬場俊英LIVE TOUR 2012秋冬>
11月9日(金)やまと郡山城ホール(奈良) Open18:00 Start18:30
11月16日(金)イムズホール(福岡) Open18:00 Start18:30
11月17日(土)堺市民会館(大阪) Open17:00 Start17:30
11月18日(日)大津市民会館(滋賀) Open16:30 Start17:00
11月23日(金/祝)club G(岐阜) Open16:00 Start16:30
11月24日(土)BLUE LIVE(広島) Open17:00 Start17:30
11月25日(日)BLUE LIVE(広島) Open16:00 Start16:30
11月30日(金)松山MONK(愛媛) Open18:30 Start19:00
12月2日(日)名古屋市公会堂(愛知) Open17:00 Start17:30
12月8日(土)大阪NHKホール(大阪) Open17:00 Start17:30
12月9日(日)神戸国際会館こくさいホール(兵庫) Open16:30 Start17:00
12月12日(水)渋谷公会堂(東京) Open18:00 Start18:30

シングルCD「馬場俊英EP2~犬はライオンになりたくない」
8月1日発売 WPCL-11177 \1,300(税込)
1.犬はライオンになりたくない
2.HALF
3.ギザ10
4.ころんで立ち上がるときの顔が好きだ

ライブ会場限定DVD『実録・平凡2011-2012』
WPBL-90179 \3,800(税込)
※須藤晃監修。昨年大晦日に行われたツアーファイナル映像から2012年にスタートしたレコーディングに密着したドキュメンタリーDVD。ライブ会場限定販売。

◆馬場俊英オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス