WORLD ORDER、これまでの常識と秩序をくつがえすパフォーマンス

twitterツイート

須藤元気率いるパフォーマンスユニットWORLD ORDERのライブが7月11日、15日両日にわたって行われ、東京国際フォーラムホールAと大阪NHKホール、のべ8,000人以上の観客を魅了した。

スーツに7・3分け、眼鏡といった日本のサラリーマンスタイルで、一糸乱れぬロボットダンスを披露するWORLD ORDERは、「TVでWORLD ORDERを見知った方々は、このライブを観てびっくりすると思う」というメンバーの言葉通り、その前衛的な趣向を凝らしたパフォーマンスは、これまでの常識と秩序をくつがえすものだった。

「MACHINE CIVILIZATION」「2012」「AQUARIUS」など、6月20日に発売された2ndアルバム『2012』の曲に加え、「MIND SHIFT」「BLUE BOUNDARY」といった1stアルバム『WORLD ORDER』から人気の高い曲が、迫力の生演奏で紡がれる。MVとして公開されていない振り付けを観ることができたのも今回のライブの醍醐味だ。アレンジの効いた楽曲にのせて披露されるメンバーのソロパフォーマンスでは、指先までみなぎった気迫を感じさせてくれた。

気鋭のパフォーマンスグループ「グラインダーマン」を演出に迎えたステージは、ライティング、音響ともにWORLD ORDERの世界観を余すことなく引き出していた。何千人もの観客が、固唾をのんでステージの一点を見つめるという瞬間が幾度もあったのがその証拠だ。唯一のMCパートでは、「芝居」とも呼べる須藤元気の朗々とした台詞回しのうしろで、黒い立方体の箱をかぶったメンバーが、互いに規則正しく動き、突如倒れ、また起き上がりといった動作を繰り返す。「WORLD ORDERのテーマは、『普遍的な愛』である」と語る須藤元気の言葉はしかし途中で遮られ、ふたたび静かにパフォーマンスが始まる。

MVでは常に冷静で淡々とパフォーマンスをこなしているようにみえるWORLD ORDERが、ラスト3曲でせきを切ったように感情を爆発させ踊り狂う場面は圧巻だった。このステージが2公演だけというのが非常に勿体ない。これを目撃できた観客はまさに幸運だ。ダンスは、音楽の添え物ではない。音楽は、ダンスの付属品ではない。ふたつのシンクロがあってこそ感動が生まれる。 WORLD ORDERがそのことを身を以て証明し、観客がそれを刻み付けた。「世界を変えたい」と結成されたWORLD ORDER。彼等が存在し続けるかぎり、未来は、まだ捨てたものではない。

文:Eureka Okada
Photo:能美潤一郎

<須藤元気 Present‘s WORLD ORDER LIVE ~2012~>
@7月11日(水)「東京国際フォーラム ホールA」
@7月15日(日)「NHK大阪ホール」
1.History of voice
2.WORLD ORDER
3.be Men Machine
4.Machine Civilization
5.Change your life
6.SOLO
MC
7.Brave new world
8.Session
9.Blue Boundary
10.Aquarius
11.Mind Shift
12.2012
Encore
MC
13.Love and Everything(アコースティック)
14.WORLD ORDER(アコースティック)

『2012』(twenty twelve)
2012年6月20日発売
Blu-ray+CD PCXP.50082 ¥4,935(税込)
DVD+CD PCBP.52213 ¥3,990(税込)
1.THE HISTORY OF VOICE
2.2012
3.MACHINE CIVILIZATION
4.HELLO ATLANTIS
5.CHANGE YOUR LIFE
6.AQUARIUS
7.WORLD ORDER~Tax Haven Remix~
MUSIC VIDEO Blu-ray、DVD
1.「THE HISTORY OF VOICE」
2.「2012」
3.「MACHINE CIVILIZATION」
4.「CHANGE YOUR LIFE」
5.「AQUARIUS」
特典映像:「Making of "WORLD ORDER"」


◆WORLD ORDERオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報