ラクリマ・クリスティー15周年公演、名古屋も大反響!残すは渋公2Daysと大阪ファイナル

twitterツイート

ラクリマ・クリスティー<15th Anniversary Tour>が大好評だ。The Best~Supreme~と名づけられた、7月14日の名古屋公演も、関係者や観客から「ラクリマ史に残る夜だった」との声が聞こえてくる。

◆ラクリマ・クリスティー画像

名古屋のファンとの久々の再会は、2000年1月発売のシングル曲「Lime Rain」で始まった。その曲が持つ潜在能力だろうか、彼ら5人が揃ったときにのみ放たれる特別な力のせいだろうか、たった1曲で暖かな空気に会場が包まれた。

「カリブで生まれた月」「鳥になる日」など、このツアーでは初めて演奏する曲を交えながらライブは進む。「未来航路」「With-you」などのシングルヒット曲も満載。一方、メジャーデビューアルバム『Sculpture of Time』収録の「ねむり薬」などのファンのツボを一突きする曲も忘れない。まさにSupreme(最高)の名にふさわしいセットリストだ。

TAKAの麗しきハイトーン、HIROのゴシックメイクとゴシックプレイ、KOJIのギターを弾く姿の美しさ、LEVINの派手なアクション、SHUSEの跳躍と回転が名古屋のファンを酔わせた。心拍数が上がった名古屋のファンの暖かさと笑顔が、彼らのパフォーマンスをさらに上げる。まさに相乗効果だ。

「White Period.」で本編が終わるや否や、アンコールの大合唱。心の底から湧き出る、ラクリマをもう1度ステージに呼び戻したい、観客の気持ちがひとつになっていた。もちろん彼ら5人にもその気持ちが伝わらないはずはない。そして怒涛のアンコール。今回初披露の「CANNON BALL」のイントロが始まった瞬間に大きな歓声が上がった。ライブという一期一会の奇跡=幸福を目撃した夜だった。
残すは東京での追加2公演と大阪での最終夜のみ。このツアーは全公演その日限定のセット・リストで行ってきたが、彼らの地元大阪でのファイナルと、「伝説のあの夜を完全再現する」と謳っている渋谷公会堂での2日間の追加公演は、どちらもスペシャルの中でもさらにスペシャルなものとなる。再び奇跡に出会えることは間違いない。

<La'cryma Christi 15th Anniversary 第三夜 The Best ~Supreme~>
2012年7月14日(土)
@ZEPP NAGOYA
1.Lime rain
2.Blossom
<MC>
3.偏西風
4.カリブで生まれた月
5.鳥になる日
6.Lhasa
<MC>
7.未来航路
8.Without you
9.Mystical Glider
<MC>メンバー紹介
10.カメレオン
11.Ivory trees
12.イスラエル
<MC>
13.雪になって消えた二人
14.With-you
15.White Period.
~アンコール1~
01.ねむり薬
02.CANNONBALL
~アンコール2~
1.南国
2.THE SCENT

<La'cryma Christi 15th Anniversary>
Back to ~2000.5.6 Tour '00 escape~(2000年日本武道館公演完全再現)
2012年7月27日(金)渋谷公会堂
18時開場   18時30分開演
[問]キョードートーキョー 0570-064-708

Back to ~1999.9.4 Tour Angolmois~(1999年横浜アリーナ公演完全再現)
2012年7月28日(土)渋谷公会堂
15時30分開場 16時開演
[問]キョードートーキョー 0570-064-708

最終夜The Best ~Extreme~
2012年7月29日(日)Zepp Namba (OSAKA)
15時開場 16時開演
[問]キョードーインフォメーション 06-7732-8888

◆ラクリマ・クリスティー・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報