アンジェラ・アキ「告白」、アニメチャートを制覇

ツイート

NTV系で放送中「宇宙兄弟」のエンディングテーマとして7月より起用されているアンジェラ・アキの「告白」が今週のBillboard JAPAN Hot Animationで首位を獲得、前クールのオープニングテーマであったユニコーンの『Feel So Moon』に続き、チャートを制した。

先週のチャートではヤマピー人気に首位の座を阻まれたが、チャートイン4週目にして首位獲得した本作は2006年にリリースされた「This Love」以来6年ぶりとなるアニメタイアップ楽曲(MBS・TBS系「BLOOD+」エンディングテーマ)となっている。ユニコーンもアニメ人気との相乗効果で2週連続で首位を獲得しており、本楽曲でも2週連続のチャート制覇の期待がかかる。

2位にはこのところチャートを賑わしているMXTV他で放送中の「黒子のバスケ」からGRANRODEOの歌うオープニング「RIMFIRE」がチャートイン。アニメ人気との相乗効果で初登場2位の好結果となった。来月にはキャラソンのデュエットシリーズのリリースも控えており、チャートインしてくるのは間違いないだろう。

そして、初登場3位には花澤香菜の2ndソロシングル「初恋ノオト」がチャートイン。前作同様、季節に合わせて“夏(水色)”がコンセプトになっている。プロデュースは中塚武が手掛けている。

7月期のタイアップ楽曲が続々とチャートインしているが、ノイタミナ枠からもClariSの「Wake Up」(「もやしもん」オープニング)や、Aimerの「あなたに出会わなければ ~夏雪冬花~」(「夏雪ランデブー」エンディング)といった強力タイトルが8月にリリースを控えており、夏のアニメチャートに彩りを与えてくれそうだ。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報