フーティー&ザ・ブロウフィッシュ、再び?

ツイート

この4年間で男性トップ・カントリー・シンガーとしての地位を確立したダリアス・ラッカーだが、以前は1990年代のビッグバンド、フーティー&ザ・ブロウフィッシュのリードボーカルとして有名だった経歴を持っている。ラッカーがカントリーで成功した今、バンドの再結成もあるのだろうか? 彼がビルボードに話したところでは、今はカントリーが最優先だけどいつか戻ってくるとのことだ。

「フーティーのレコード一枚とツアーをしようとしているんだ。本業はカントリーだからいつになるかは分からないけれど、やりたいよ」とラッカー。ファンが驚くことにバンドは時々一緒にプレイしているといい、「たぶん、ずっとバンドであり続けるだろうね。8月にはショーが二つあるし、年4、5回は顔を合わせるんだ。アルバムのあと1年間ツアーをやったら、すぐにカントリーに戻ってくる」としている。

なお、もしフーティー&ザ・ブロウフィッシュのデビューが今だったら、ジャンル的に違っていたのではないかという。「何曲かは楽器を変えたり編曲し直したりして、カントリーバンドになってただろう。あの頃もほとんどカントリーだと思っていた。だから、カントリーのレコードを作り始めたとき、やっていることは何も違わないと思った」と話す。

ただ、ラッカーは今の自分のファンの多くがフーティーのメジャーデビューアルバム『クラックト・リア・ビュー』を持っている事を信じている。「90年代にフーティー&ザ・ブロウフィッシュを聴いてくれた人たちが、今カントリーに移ってきたわけで、全然驚かないよ」と話している。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報