ザ・ビートルズのiTunesリリース・コンピがランク・イン

ツイート

全米アルバム・チャート“Billboard 200”の仮集計データが出ると共に、その結果をもとに予測される今週のチャートでは、ザ・ビートルズのコンピレーション・アルバム『トゥモロー・ネバー・ノウズ』がトップ40にランク・インしそうだ。本作は“iTunes”のみのリリースながら、ビルボードの予測では前週1週間で1万~1万5000枚のセールスが見込まれている。

一方、アルバム・チャートのトップ10予測を見てみると、比較的穏やかな動きのなかで、首位争いはナズ『ライフ・イズ・グッド』とザック・ブラウン・バンド『アンケージド』の戦いになりそうだ。共に4万5000枚から5万枚のセールスが予想されているが、この数字は昨年2月、ニッキー・ミナージュ『ピンク・フライデー』が記録した4万5000枚以来の低い数字での首位獲得となる。一方、初登場組ではパッション・ピットとザ・ガスライト・アンセムが有力。前者の『ゴッサマー』は3万枚ほど、後者の『ハンドリトゥン』は3万5000枚~4万枚のセールスを記録しそう。

また、前週の月曜から木曜までの4日間集計データでは、1位にパッション・ピット、2位にザック・ブラウン・バンド、3位にナズ、4位にザ・ガスライト・アンセムの順でランクインしている。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報