ボブ・ディラン、ニュー・アルバム『テンペスト』は暗闇が支配?

ツイート

先日、市民が受け取れる最高名誉賞“メダル・オブ・フリーダム”をオバマ大統領から受け取ったボブ・ディランの、35作目となるニュー・スタジオ・アルバム『テンペスト』の詳細が発表された。

9月11日に全米リリースされる『テンペスト』は、ストレートで物語的な作品が多く、97年の『タイム・アウト・オブ・マインド』、76年の『欲望』、64年の『アナザーサイド・オブ・ボブ・ディラン』の流れをくむアルバムだ。その主題となるのは、ジョン・レノンの死やタイタニック号沈没、裏切りの愛など。最近の3枚のアルバムと比べ明るさがなくなり、暗闇が支配するものになっている。

ビデオが解禁された「アーリー・ロマン・キングス」は、ロス・ロボスのデヴィッド・イダルゴをフィーチャーした12小節のブルース・ナンバー。アルバムにはこのイダルゴほか、ツアー・メンバーでもあるギタリストのチャーリー・セクストンやステュ・キンボール、スティール・ギターのドニー・ヘロン、ベースのトニー・ガーナー、ドラムのジョージ・G.リセリが参加している。なお、イギリス・フォークをルーツにしたナンバーで、バンジョーやフィドルが使われている「スカーレット・タウン」も直に公開される予定だという。

この他にも注目曲として挙げられているのが、14分におよぶタイトル・トラック「テンペスト」。コーラスもなく45小節、ディランの歌声がタイタニック号の悲劇を淡々と語っている。また、ラストの「ロール・オン・ジョン」はジョン・レノンに捧げたナンバーで、ある1小節ではビートルズの「カム・トゥゲザー」、「ジョンとヨーコのバラード」、「スロー・ダウン」を引用し、抽象性と史実を組み合わせたバラードとなっている。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報