ワン・ダイレクション、洋楽チャート初の1位獲得

ツイート

UK人気オーディション番組『Xファクター2010』から誕生した、平均年齢18歳のボーイズグループ、ワン・ダイレクションがデビュー・アルバム『アップ・オール・ナイト』のリリースを目前に控え、シングル曲「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」が1位を獲得した。ミ-コの連続1位の記録は残念ながらここで途絶えたことになる。

ワン・ダイレクションは洋楽チャート初登場から7週目にして見事トップの座を手に入れた。2011年にUKでデビューし、2012年のアメリカ・カナダ進出時には、デビュー・アルバムが全米で1位を獲得。UK出身グループとして全米チャートで史上初となる快挙を達成し話題となった。日本でも今週アルバムがリリースとなり、来週も上位が期待される。

2位は、ジェニファー・ロペスの新曲「ダンス・アゲイン feat.ピットブル」が先週19位から急上昇。彼女のキャリアを詰め込んだ初のベスト・アルバム『ダンス・アゲイン…ザ・ベスト・ヒッツ』にも収録され先週リリースとなったばかりだ。同じく「オン・ザ・フロア feat.ピットブル」も今週洋楽チャート20位にチャートインしている。

6位に初登場した、アレクサンドラ・スタンの新曲「レモネード」は配信限定でリリースされ、前作1位を獲得した「ミスター・サクソビート~恋の大作戦~」に続くヒットとなるか今後のチャート動向に注目したい。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報