人気コンピ・シリーズ『NOW』最新作、No.1最有力候補に

ツイート

コンピレーション・アルバムで人気の高い『NOW』シリーズ。その最新アルバム『NOW 43』が、来週水曜8月15日の全米アルバム・チャート“Billboard 200”に初登場し、No.1を獲得しそうだ。12日までの1週間に11万から12万枚のセールスが見込まれており、他に匹敵するメジャーなリリースもないことから首位獲得が確実視されているという。

『NOW』シリーズが最後に首位を獲得したのは、2011年2月にリリースされた『NOW 37』だ。『NOW 43』が1位になれば、2000年の『NOW 4』以来16回目のNo.1となる。今回、好セールスが予測される要因は、9週連続No.1を記録中のカーリー・レイ・ジェプセン「コール・ミー・メイビー」、そしてケイティ・ペリーの「パート・オブ・ミー」と、今最も勢いのある2曲のNo.1ヒット・シングルが収録されているからだ。

なお、今週1位だったリック・ロスのアルバム『ゴッド・フォーギヴズ、アイ・ドント』は2位になることが予測される。このほかチャート上位にランクされそうなアルバムには、エル・ヴァーナーのデビュー・アルバム『パーフェクトリー・インパーフェクト』、コルト・フォードの『デクラレーション・オブ・インデペンデンス』などがリスト・アップされている。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報