KE$HA、ハードでロックな新作完成まであとわずか

ツイート

KE$HAの次のアルバムに期待すべきは何か?彼女のニューアルバム制作責任者のドクター・ルークは、「KE$HAは“本当に素晴らしい”と答えると思うよ」とビルボードにコメント。新作は、2010年のプラチナ・デビューアルバム『アニマル』と、それに続くゴールドEP『カニバル』に比べ、よりハードなロック・アプローチで、“KE$HAの声の優れたショーケース”と言い換えられるそうだ。

「みんな彼女の声をもっと聴けるよ」とルーク(本名、ルーカス・ゴッドワード)。「今回彼女は、制作上のトリックをより少なくして欲しいって頼んできたんだ。ギターももっとあるよ。というのも、『アニマル』では“絶対にこのレコードではギターを使わないわ”ってKE$HAが言ったんだ。俺ではなく彼女自身が『アニマル』ではギター無しで行こうと決めたのさ。今回のレコードでは少しだけギターを使うことが許されたよ」と話した。

ルークによると、KE$HAチームはこれまでに約17曲を制作しているとのこと。何曲かは2011年のツアー中に彼女が作詞を始めたものだという。曲のタイトルは「クレイジー・キッズ」、「スーパーナチュラル」そして「ラスト・グッバイ」など。KE$HAの母ピーブ・セバートが再び共同作詞をした一方で、「ダーティー・ラヴ」ではイギー・ポップが協力しているという。ルークは「彼とちょっとしゃべったんだ。なんてカッコイイ男なんだ!すごく頭の切れるやつだよ」とイギー・ポップについて語っている。

アルバムに参加するのはザ・ブラック・キーズのドラマー、パトリック・カーニーをはじめ、ベニー・ブランコ、サーキット・MOM、マックス・マーティン、そしてファン.のネイト・ルイスとのことだ。

同アルバムのタイトルやリリース日はまだ確認されていないが、完成まであとわずかのところまで来ているという。ルークは「成長し、そして今も進化しつつあるアーティストの曲をみんなは聞くことになるだろう。それはKE$HAだ」と話している。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報