AKB48の松井咲子、ピアノアルバムでソロデビュー

ツイート
AKB48の松井咲子(Team K)が、初のピアノ・インストゥルメンタル・アルバムでソロデビューすることが決定した。

◆松井咲子画像

ソロピアニストとして、AKB48初のアルバムデビューを飾る松井咲子は、現在東京音楽大学でピアノを専攻中の現役音大生だ。学業とAKB48の活動を両立させてきた実績が認められ、秋元康プロデュースのもと、服部隆之の音楽監修の手ほどきを受け、本格的なピアノ・インストゥルメンタル・アルバムをリリースするという。タイトルをはじめ詳細は未定だが、発売は10月3日(水)が予定されている。

「ソロデビューの話を初めて聞いたのは秋元さんが、ぐぐたすでつぶやいたのを目にした時です。正直嬉しかったですけど、自分の耳で聞くまでは信じないぞと心に決めていました。ソロデビューに当たっての目標は同じ大学の先輩である松下奈緒さんのような素敵なピアニストになりたいです。」──松井咲子

AKB48からのソロデビューは板野友美、前田敦子、岩佐美咲、渡辺麻友、指原莉乃に続く6人となるが、これまで全てシングルでのソロデビューだったため、アルバムでのデビューは特筆ポイントでもある。

なお、このアルバムには、大島優子・峯岸みなみ・小嶋陽菜とともに松井咲子も出演している日清カップヌードル「REAL」編のCMソングも収録されるという。あのBGMは「誰が弾いているのか?」という話題がファンの間でも話題となっていたものだが、これこそ松井咲子のピアノ演奏によるものだったというわけだ。

その他、今回のアルバムには「ヘビーローテーション」「フライングゲット」「Everyday,カチューシャ」や「会いたかった」といったメガヒット曲を収録するほか、オリジナル楽曲として服部隆之の音楽監修による作品も収録される。豪華奏者を迎えたオリジナルアレンジにも注目だ。

松井咲子『(タイトル未定)』
2012年10月3日(水)発売
【CD+DVD】 PCCA-03680 / ¥2,800[Tax in]
【CD ONLY】PCCA-03681 / ¥2,000[Tax in]

松井咲子
AKB48 チームK に所属。
2012年6月6日「第4回選抜総選挙」では53位でフューチャーガールズ入り。AKB48の中で唯一の音大生で、現在、東京音楽大学器楽専攻ピアノ科に在学中。
ニックネーム:さきこ・さきっぽ・師匠
誕生日:1990年12月10日
出身地: 埼玉県

◆松井咲子オフィシャルブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報