カン、絶頂期の未発表音源全30曲が収録されたニューアルバム『ザ・ロスト・テープス』発売

ツイート
レディオヘッドからソニック・ユース、ザ・フォールに至るまで、様々なバンドが影響を受けたと公言しているクラウトロックの代表的バンド、カンの未発表音源全30曲を3CDにまとめた『ザ・ロスト・テープス』の日本盤が8月15日にリリースされた。

◆「A Swan Is Born」試聴&フリーダウンロード

『ザ・ロスト・テープス』は、ドイツ・ヴァイラースヴィストにあるカンのスタジオで見つかった30時間以上に及ぶテープを編集したというもので、バンドが1968年から1977年にかけてレコーディングしたスタジオ音源やサウンドトラック用音源、そしてライブ音源が収録されている。ボーカルにマルコム・ムーニー、ダモ鈴木が在籍したカン絶頂期の音源で、非常に注目を集める貴重音源集だ。

そんなアルバム『ザ・ロスト・テープス』から、シングル「A Swan Is Born」が公開されている。試聴のみならずフリーダウンロードもできるもので、この曲は、1972年にリリースされたアルバム『エーゲ・バミヤージ』に収録されている「Sing Swan Song」を制作している際の断片を編集したものだという。制作途中の全体像を残す意味で今回の編集に携わったプロデューサー/エンジニアのジョノ・ポドモアが是非この作品に入れたいと主張した曲だとか。

アルバム『ザ・ロスト・テープス』は、完全生産限定盤で3枚組CDに加えて28ページのブックレット付でリリースとなった。なお日本盤はBlu-spec CDの高品質仕様、メンバーのイルミン・シュミットによる曲解説含めたライナーノーツの対訳付となっている。

また、歴史的名盤『タゴ・マゴ』の40thアニヴァーサリー・エディション日本盤もリリースとなった。こちらは2011年の最新リマスター音源の『タゴ・マゴ』に加え、バンド絶頂期1972年のロンドン公演未発表ライブ音源3曲も追加収録されている。日本盤はこちらもBlu-spec CDの高品質仕様で、ダンカン・ファロウェル、ボビー・ギレスピー(プライマル・スクリーム)、デイヴィッド・スタッブスによるライナーノーツ対訳が同梱される。


『ザ・ロスト・テープス』
8月15日(水)発売
HSE-60114 5,800円(税込)
※日本盤は完全生産限定盤、Blu-spec CD仕様、28ページのブックレット封入、イルミン・シュミット、イアン・ハリソンによるライナーノーツ対訳付
disc 1
1.Millionenspiel
2.Waiting for the Streetcar
3.Evening All Day
4.Deadly Doris
5.Graublau
6.When Darkness Comes
7.Blind Mirror Surf
8.Oscura Primavera
9.Buble Rap
disc 2
1.Your Friendly Neighbourhood Whore
2.Waiting for the Streetcar
3.The Agreement
4.Midnight Sky
5.Desert
6.Spoon (Live)
7.Dead Pigeon Suite
8.Abra Cada Braxas
9.A Swan is Born
10.The Loop
disc 3
1.Godzilla Fragment
2.On the Way to Mother Sky
3.Midnight Men
4.Networks of Foam
5.Messers, Scissors, Fork and Light
6.Barnacles
7.E.F.S 108
8.Private Nocturnal
9.Alice
10.Mushroom (Live)
11.One More Saturday Night (Live)

『タゴ・マゴ・40th・アニヴァーサリー・エディション』
8月15日(水)発売
HSE-60112 3,980円(税込)
※日本盤は完全生産限定盤、Blu-spec CD(TM)仕様、ダンカン・ファロウェル、ボビー・ギレスピー(プライマル・スクリーム)デイヴィッド・スタッブスによるライナーノーツ対訳付
disc 1
1.Paperhouse
2.Mushroom
3.Oh Yeah
4.Halleluwah
5.Aumgn
6.Peking O
7.Bring Me Coffee Or Tea
disc 2
1.Mushroom (Live)
2.Spoon (Live)
3.Halleluwah (Live)
この記事をツイート

この記事の関連情報