ONE☆DRAFT、<BEE旅夢気分2012 in長良川>でデモ曲の数々をファンに披露

ツイート
ONE☆DRAFTが、8月18・19・20日の3日間にわたって、ファンクラブツアー<BEE旅夢気分2012 in長良川>を開催。2011年に続いて2回目の開催となったこのツアー。今年も延べ250人のファンが参加して、メンバーと交流を深めた。

鵜飼いで有名な長良川沿いが舞台のこの旅。バスを降りたファンをメンバーが出迎える。RYOが、若女将が用意した着物を身にまとって登場し、フレンドリーで和やかな雰囲気のなか、BEE旅がスタート。まずはメンバーによるアコースティックライヴ。美しく静かな観光地でファンにONE☆DRAFTの歌を届けたい!それが形となったのがこのライヴ。LANCEとRYOのボーカルに、MAKKIのウクレレとサポートメンバーのギターを乗せて、普段とは一味違った雰囲気でONE☆DRAFTの歌が流れる。特にデビューシングルである「フルサト」はギターの哀愁漂う音色が広がり、現地のロケーションと相まって、各々の故郷を思い出させる空間を作っていた。

ファンとの交流イベントも盛りだくさん。みんなでお皿に思い思いの絵を書く絵付け体験や、メンバーからのプレゼントでファンをもてなした大ビンゴ大会など、楽しい企画が並ぶなか、今回初めて行ったのが、第1回DEMO☆DRAFT会議。ONE☆DRAFTはこれまでの活動で、様々な曲をCDとしてリリースしてきたが、なかにはライヴでしか歌われない曲や、まったく世に出ていない未発表曲もある。DEMO☆DRAFT会議は、そんなデモ曲の数々をファンに聴いてもらって、未来のスター曲を一緒に探そうという企画。メンバーから創った当時のエピソードが話されたり、なかには十数秒の曲があったりと、非常にレアなひと時となった。

また恒例となっているのが、メンバーからファンへのオヤスミナサイ・コール。これはファンの部屋にメンバーがお邪魔をして、一部屋ずつ、一人一人と写真撮影やサインを行うもの。すべてのファンにしっかり対応したいメンバーの思いゆえ、すべて部屋を回りきるには相当な時間を要するが、ファンもそれをわかっているので、何時でも待っていてくれる。そんな心温まる交流ができるのも、このツアーの醍醐味だった。

今年は去年よりラインナップをほぼ一新し、ONE☆DRAFTがこれまで育んできた“音楽”を通してファンと交流をした旅だった。

そして、ONE☆DRAFTツアー2012<「Bee Alive vol.5>の開催が決定。また、年をまたいで、2013年の東京公演は”蜂の巣”! この機会を絶対見逃さないように。

<ONE☆DRAFTツアー2012 Bee Alive vol.5>
11.22(木)大阪BIG CAT
11.24(土)福岡DRUM LOGOS
12.2(日)仙台LIVE HOUSE enn 2nd
12.9(日)名古屋OZON
12.14(金)金沢AZ

<LIVE 2013 ”蜂の巣”in 東京>
2013.1.19(土)新宿BLAZE
チケットお問い合わせ先
http://www.creativeman.co.jp/artist/2013/01onedraft/

◆ONE☆DRAFTオフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報