石川さゆり、111枚目のシングルはTHE BOOM宮沢の作詞作曲

ツイート
石川さゆりの111枚目のシングル「生まれ変わるよりも」が、9月5日にリリースされることになった。

この楽曲は、宮沢和史(THE BOOM)の作詞作曲作品。2011年にTHE BOOMのシングル「暁月夜~あかつきづくよ~」(avex)に、feat. 石川さゆりとして参加しているが、宮沢が石川へ楽曲提供するのは今作が初となる。

今作は、9月19日にリリースされる40周年記念アルバム第2弾『X‐CROSS‐』(クロス)からの先行シングルで、歌謡曲・演歌というジャンルだけにとどまらず、ボーカリスト石川さゆりの新たな魅力を引き出す楽曲となっている。

また同曲は、9月8日全国公開の映画『夢売るふたり』のCMイメージソングとして起用されることになり、映画のキャンペーンソングへの楽曲起用は石川自身初となる。

◆映画「夢見るふたり」プロデューサー 松田広子コメント
映画「夢見るふたり」は、現代を生きる女性たちを描いた作品です。女性の持つ美しさと、その裏に潜む黒々としたなにか。その両面をイメージソングとして表現してくださる方はどなたか、関係者一同で考えた時に、自然と石川さゆりさんの名前が浮かんできました。
宮沢和史さんが映画の世界観を汲み取って作詞・作曲してくださった曲は、石川さゆりさんの強く、そして優しい歌声によって、女性たちに向けたある種の応援歌になっている気がします。

◆宮沢和史コメント
2012年の日本の歌謡を作曲しました。石川さんの美しい歌声、奥深い表現力、そして、福井峻さんの素晴らしいアレンジによってこの曲は自分の想像をはるかに越えた作品になりました。
石川さゆりさん、これからも僕たちに、そして世界中に日本の歌を発信し続けてください。
また、他の国に比べて日本ではポップスの中に「人生」という言葉があまり出てきません。みんなで共有するには重い言葉なのでしょうか?「人生」という言葉はなにより大切な言葉なのに・・・
ままならないのが人生、それこそが生きる理由、日々生まれなおす人生を送りたいものです。

◆石川さゆりコメント
宮沢さんにまた素敵な曲を書いて頂きました。
映画のCMソングになるそうで、歌・曲のイメージと合っていれば いいな~と思っています。

映画『夢売るふたり』
原案・脚本・監督:西川美和
出演:松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、笑福亭鶴瓶、他
製作:「夢売るふたり」製作委員会
企画・製作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:アスミック・エース

New Single
「生まれ変わるよりも」
※映画「夢売るふたり」CMイメージソング
2012年9月5日発売
TECA-12390 ¥1,200(tax in)
M1.生まれ変わるよりも
M2.さがり花 

石川さゆり40周年記念 アルバム第2弾(ミニアルバム)
『X-CROSS-』(クロス)
2012年9月19日発売
TECE-3111 ¥2,500(tax in)

40周年記念リサイタル
<石川さゆり音楽会 感じるままに~一葉の恋~>
5年ぶりの開催となるセルフプロデュース公演<石川さゆり音楽会>。
毎回新たな試みに挑戦し、新たな魅力を発揮しています。
40周年記念の今回は、演出にG2を迎え、樋口一葉を題材とした歌芝居を創ります。
◆青山劇場
10月18日(木)開演18:30
10月20日(土)開演13:00/開演17:00
10月19日(金)開演14:30/開演18:30
10月21日(日)開演13:00
SS席¥10,500 S席¥8,400
(問)サンライズプロモーション東京
0570-00-3337(全日10:00~19:00)

◆石川さゆり オフィシャルサイト
◆テイチクエンタテインメント
◆映画「夢売るふたり」公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報