アデル『21』、21世紀で最も売れたモンスターアルバムに認定

ツイート

2011年1月の発売以来、驚異的な売り上げを記録し歴史的大ヒット・アルバムとなったアデルの『21』だが、アルバムの世界セールスは2300万枚を越え、21世紀にリリースとなった作品として、最も売れたアルバムに認定された。

◆アデル画像

■21世紀リリース作品のアルバム・セールス上位ランキング
1位 アデル『21』(2011年)2300万枚
2位 ノラ・ジョーンズ『Come Away With Me』(2002年)2200万枚
3位 エミネム『The Eminem Show』(2002年)2000万枚
4位 アヴリル・ラヴィーン『Let Go』(2002年)1600万枚
(media traffic調べ:http://www.mediatraffic.de/alltime-album-chart.htm )

歴代トップ100作品の中で、21世紀にリリースされた作品はたったの4作品しかなく、近年、年を追うごとにCD売り上げ枚数が激減している状況が、根深く影響しているようだ。ことアデル『21』以外の作品は全て10年も前の2002年リリース作品であることを考え合わせると、ここ数年の中では圧倒的な記録であるのみならず、CD不況が叫ばれる中でのこの枚数は、底知れぬ凄さを思わせるものだ。

9月には、婚約者のサイモン・コネッキとの間に出来た第一子の出産を予定しているアデルだが、海外ではふたりの婚姻に関する報道も熱を帯びているようだ。幸せ絶頂のアデル、まさに絶好調だ。

『21』
BGJ-10107 2,490円(税込)
※ボーナストラック4曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付

◆アデル・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報