アンディ・マッコイ、グリース・ヘルメットを結成し日本先行デビュー

ツイート
2009年4月にハノイ・ロックス解散後、マイケル・モンローは自身のバンドを結成し、アルバム発表は勿論、ここ日本でも<SUMMER SONIC 2010>や<V-ROCK FESTIVAL '11>出演をはじめ精力的な活動でファンを楽しませてくれているが、続いてついにアンディ・マッコイ(G)の新たなる活動が明らかとなった。自ら率いるロックンロール・バンド、グリース・ヘルメットのデビューである。

◆「Keep Your Helmet Greasy」PV映像

グリース・ヘルメットはアンディを核に、現アモルフィスのニクラス・エテレヴォリ(B)とヤン・レックベルガー(Dr)、アモーラルのベン・ヴァロン、そして、無名ながら良い声質を持ったシンガー、イェレ・ガルシアという、渾身のラインナップで登場となった。もちろん全員フィンランド人という鉄壁のフォーメーションだ。

なお9月5日にリリースとなるアルバム『グリース・ヘルメット』では、ゲスト・ミュージシャンとしてハノイ・ロックスのライヴでもプレイしていたパテ・キヴィネン(key)が全編でキーボードをプレイ、現アモルフィスのサンテリ・カリオ(key)が「Second Try」にてピアノを披露している。さらに、トロンボーンやトランペットといった金管楽器も効果的に使われているようだ。

日本盤ボーナス・トラックは、ディープ・パープルの「Speed King」とシン・リジーの「The Rocker」のカヴァーが2曲収録となる。なお、ビビッドな原色が映えるジャケット写真は、アンディ・マッコイ自身が描いたものだ。ジャケット・アートワークのみならず、3ページ分にわたり自画像も含め、さまざまな絵がアートワークを彩っている。


グリース・ヘルメット
ベン・ヴァロン / Ben Varon: Rhythm guitar & backing vo
ニクラス・エテレヴォリ / Niclas Etelävuori: Bass & backing vo
イェレ・ガルシア / Jere Garcia: Vocals & harmonica
アンディ・マッコイ / Andy McCoy: Lead guitar & backing vo
ヤン・レックベルガー / Jan Rechberger: Dr, percussion & backing vo

グリース・ヘルメット『グリース・ヘルメット』
2012年9月5日 日本先行発売
※日本盤ボーナス・トラック2曲収録
VICP-65072 \2,625(tax incl.)

◆グリース・ヘルメット・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報