ペット好きアーティストら集結、命を守る「&PETSプロジェクト」始動

twitterツイート

▲BONNIE PINK
▲トータス松本&ジョンB
犬猫の殺処分ゼロを訴える音楽イベント<HAPPY MUSIC FESTA 2012>の東京公演が、9月8日、9日と2日間にわたって開催された。会場となった恵比寿ザ・ガーデンホールには、イベント趣旨に賛同した坂本美雨、持田香織、IMALU、bonobos、トータス松本、ウルフルケイスケ&リクオ&うつみようこ、BONNIE PINK、Superflyらが駆け付け、集まった観衆を前に熱演を繰り広げた。

◆<HAPPY MUSIC FESTA 2012>画像

<HAPPY MUSIC FESTA 2012>は音楽プロダクション「タイスケ」のスタッフの呼びかけで2010年に立ち上がったもので、2012年で3年目を迎えるイベントだ。会場フロアには、保護団体による写真パネルの展示や、大の犬好きを自称する柴田理恵やモリマンモリ夫らによるトークセッション、太田匡彦(AERA記者)によるペット産業の実情報告なども行われ,興味深く聞き入る人々の姿が目立った。

東京公演2日目となった9日には、トリとしてトータス松本&ジョンBが登場、アンコールではウルフルズ活動休止から3年ぶりとなる「ガッツだぜ!!」を披露し、会場を沸かせた。

主催者は「身近な音楽を通じて、少しでも多くの人にペットの命について考えてもらう機会をつくるために、今後もイベントを続けていきたい」と話している。9月16日(日)には、服部緑地野外音楽堂で大阪公演が行われ、スガシカオなどが出演する。このイベントの収益の一部は動物愛護団体に寄付される。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報