韓国女性グループ初の世界ツアー。2NE1と2万6000人、横浜アリーナにて大いに遊ぶ

ツイート

韓国の4人組ガールズグループ・2NE1が、韓国の女性グループとして初の世界ツアーである<2NE1 2012 1st Global Tour - NEW EVOLUTION in JAPAN ->の横浜公演を9月11日と12日の両日にわたって横浜アリーナにて開催した。

◆2NE1 画像@<2NE1 2012 1st Global Tour - NEW EVOLUTION in JAPAN ->横浜公演

今回のツアーで2NE1は、マイケル・ジャクソン<THIS IS IT>や、マイケルがジャネット・ジャクソンとコラボした「SCREAM」などの振り付けを行なったトラヴィス・ペインの演出のもと、スーパーボールやオリンピックの舞台を仕切ってきたマイケル・コットンのデザインしたステージに、ビヨンセのツアーバンドのリーダーであるディヴィニティー・ロックスをバックに従えて、世界的デザイナーであるジェレミー・スコットがデザインした衣装を身にまとう。本格的なグローバルデビューを前に、ソウル、ニュージャージー、ロサンゼルス、そして日本など全7カ国11都市(予定)をまわって2NE1の音楽を多くの人に直接知ってもらうという目的のグローバルツアーながら、そのクオリティーは言葉にするまでもなく“世界基準”。1年前の1stツアーから、さらに進化した“NEW EVOLUTION”な2NE1のステージが展開された(ちなみに2NE1の“NE”とは“NEW EVOLUTION”の略でもある)。

両日で計2万6000人のファンが2NE1と“NOLZA”するために客席を埋めた横浜アリーナ(“NOLZA”は2NE1とファンにとって合言葉のようなもの。韓国語で“遊ぼう”の意味)。9月12日の公演では、CLが暗闇に揺れる無数の光に向けて「会いたかったよー!」と叫び、ボムが「みなさん遊ぶ準備できましたか? 横浜はすごいね!」と、呼びかけると、たちまち会場は大歓声に包まれていく。

メンバーの顔がエアブラシで描かれたジャージを羽織ったレゲエテイストから、チアリーダーをイメージしたもの、セクシーなレザー、そしてビビットなものなど5パターンの衣装とともに、2NE1は代表曲の「I AM THE BEST」「GO AWAY」や、メイベリンニューヨーク 新マスカラ「ボリューム エクスプレス マグナムキャットアイズ ウォータープルーフ マスカラ」のCM曲としてオンエア中の新曲「I LOVE YOU」(9月19日リリース)などを披露。ちなみにこの曲、メンバーのダラは「“一日中”という発音が難しく、たくさん練習した結果、ほかのメンバーより早く歌詞を覚えることができた(笑)」という楽曲だ。

さらにライブの途中には、CLのソロDJパートやミンジのソロダンスパートも用意される。14人のダンサーやバンドメンバーとともに、進化し続ける2NE1らしいパフォーマンスの連続。特に後半は彼女たちのアグレッシブなデジタルサウンドと高まり続ける客席のボルテージの応酬で、横浜アリーナは、さながら大きなクラブと化していた。

「ダラちゃんは、今日、本当に感動しました。コンサートでみなさんに会えるのは、ほんとに幸せです。みなさんのおかげです。ありがとうございます。」── ダラ

「楽しい思い出をほんとにありがとう。日本にくると元気になりますね。みなさん、大好き。愛してるよ!」── ボム

「みなさん、今日は、ほんとにほんとにほんとにほんとにありがとうございます。ファンのみなさんがこんなにたくさんいるので、力が湧いてきました。」── ミンジ

<2NE1 2012 1st Global Tour - NEW EVOLUTION in JAPAN ->は、この後、9月29日と30日にさいたまスーパーアリーナ公演を残すのみ。なお日本国内でのツアーの観客動員は総計12万人を見込んでいる。

text by ytsuji a.k.a.編集部(つ)
◆アジアンアーティストチャンネル
◆2NE1 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報