【ライブ・レポート】FACT、美しく凶暴な孤高のサウンド

ツイート
2012年1月にリリースされたアルバム『burundanga』を引っ提げて開催中の<FACT JAPAN TOUR 2012 -burundanga->は、北は北海道から南は九州宮崎まで、全18ヶ所を廻る全国ツアーだ。その4本目となる公演が9月11日、Zepp DiverCityにて行われた。結論から言えば、新たなFACTサウンドは、刺激的というにはあまりにも狂暴で、圧倒的というにはあまりにも美しかった。

◆FACT画像

『burundanga』はFACT本来のメロディの鮮やかさやヘヴィネスに貫かれながらも、作曲方法の変革やストリングスの導入など新たなチャレンジが施された意欲作だ。驚きは、そのリリース直後にもあった。英国人ヴォーカル&ギターの新加入が発表されたのだ。その後、彼らは『burundanga』収録曲や過去のナンバーを6人編成用にリアレンジするための地下活動に没頭する。そして、7月から23日間全16公演の<FACT US TOUR 2012>をスタート、その濃密にして過酷なツアーの模様はベーシストTomohiroのツアーブログに綴られている。あいだに韓国や台湾でのフェス出演を挟んだ後、遂にFACTがここ日本でライヴを行う。国内ライヴとしては約8ヶ月ぶり、全国ツアーとしては約1年2ヶ月ぶりとなる<FACT JAPAN TOUR 2012 -burundanga->の見どころは、言うまでもなくライヴの場で初めて生身の姿をさらす『burundanga』サウンドであり、ヴォーカリストにしてギタリストのAdam加入による、FACTサウンドの変化だろう。

9月11日、午後6時34分、場内暗転。FACTファンにはお馴染みだが、彼らのツアーは国内外問わず親交の深いバンドを招致して行われる。まずステージに登場した4ピースは大阪出身のwaterweedだ。重量級のダークサウンドから高速スクリーモ、ギブソンSGを抱えたツインギターによるテクニカルプレイの応酬まで、気持ちいいほどの音圧が鮮烈にアピールしてくる。続けて登場したのは、UK出身のYour Demise。2011年に続いて2012年も来日公演を行っている彼らのステージは、フロア前方でサークルモッシュが繰り広げられたのみならず、会場全体が彼らの一挙手一投足に大きく反応していた。ステージ脇で2バンドをみるFACTメンバーの表情は誇らしげで、実に楽しげ。日本のオーディエンスへ世界のカッコいいバンドを紹介したいという気概に溢れているようだ。なお、Your Demiseは全公演に、waterweedは9月13日までの日程に参加(以降の公演はUSバンドのOur Last Nightが参加)する。さらに公演によってはスペシャルアクトも用意されているので、こちらも楽しみでならない。

さて、いよいよFACTの登場だ。2バンドの熱演によってフロアはすでに暴発寸前。その熱気を放射するようなフィードバック音を合図に、ライヴがスタートした。

「お台場!準備はいいですか!さぁ、行こう!」

Hiroの第一声と同時に、場内はさらにヒートアップしていく。ひたすらラウドに、全ての鎖を断ち切ったように伸びのあるプレイを聴かせるステージ上のメンバーは、身体全体で大きくグルーヴをはじき出す。ヴォーカルのHiroとその背後でキレキレのブラストビートを叩き出すドラマーEijiを中央に、弦楽器隊のKazuki、Tomohiro、そしてAdam、Takahiroが両翼に広がるステージ編成は圧巻にして壮観だ。のっけからのハイヴォルテージ状態が続く会場に、「今日はすげぇ祭りになっちゃいましたね!」とHiroがあいさつ。大きく沸く会場に応えながら、「待て待て! まずはこのガイジンの話から」とAdamを紹介した。「YO!YO!YO! トーキョー! みんな元気?楽しんでる?……このコーナーはいつもオレ、困っちゃうよ。二日前ぐらいにHiroから「Adam、セクシーなこと言って」って言われたんだけど、セクシーなことなんてチ○コくらいしか思いつかなくて(笑)」と、まったくの流ちょうな日本語で会場の爆笑をかっさらった。海外公演のツアーマネージャーやレコーディングアドバイザーとしてFACTに関わっていたAdamは、コアファンにとってはすでに周知の人物。その陽気な人柄はMCに抜群のグルーヴを生んでいる。もちろん、そのグルーヴはトークだけではない。

アルバム『burundanga』収録曲はもとより、彼らを代表する楽曲の数々はアレンジに手が加えられ、数段スケールアップした感触だ。AdamのヴォーカルはHiroに迫るクリアなハイトーンを要所要所で響かせ、時に大胆に、時に細やかに表現力を高めるツインヴォーカルスタイルに大きく貢献している。加えて、トリプルギターの威力たるやハンパなし。瞬発力を活かしたタイトな音作りでダイナミズムを形成しながらも、Kazuki、Takahiro、Adam、そしてベーシストのTomohiroがユニゾンするリフ・フレーズは地響きのように迫り来て、背筋がゾクゾクしたほどだ。さらには、KazukiとAdamによる重厚なバッキングにのせたTakahiroのフリースタイルなカウンターメロディはよりふくよかなサウンドスケイプを描き、実に心地好い空間を生んでいた。早い話が、FACT本来のメロディやハーモニーの美しさ、緻密なアンサンブルがメチャクチャわかりやすいカタチで色彩豊かに放出されているのだ。その基盤を築く、TomohiroとEijiによるプレイは、地を這うヘヴィネスから浮遊するフィルインまで圧巻のひと言に尽きる。

アルバム『burundanga』収録曲をメインに進められたライヴの見どころは、細かく数え上げれば枚挙にいとまがない。とりわけ「sunset」でみせたアンサンブルは、メンバー個々の技量とアレンジ力が遺憾なく発揮されて、実に新鮮に響いた。また、自由度の高いギタープレイ、強靱なリズム隊、高揚感に溢れたヴォーカルは相変わらずで、個々のプレイヤーとしての力量は相当なもの。しかしそれ以上に、この日はバンドとしてのまとまりが素晴らしく良かった。「slip of the lip」など過去のアルバムからのナンバーは、それぞれのパートの音がはっきりと聞こえていながらも独特のうねりのある演奏で、たとえば生演奏と同期のマッチングが最高…ということとは次元が違うのだ。むしろ、同期と共存していた感のあったこれまでライヴサウンドは、徹底的に生身の躍動感に貫かれていた。こうした部分にこそ、現在のFACTの持つタフな側面が露わになるような気がして、実に興味深い最新型FACTをみることができた夜だった。

すべての演奏終了後、6人横並びに肩を組んで会場に礼をしたメンバーたちの表情は、もちろん満面の笑みだった。不覚にも、この日はバンドとしてのまとまりが素晴らしかったと書いてしまったくらいの完成度の高さと盛り上がりを見せたZepp DiverCityだが、<FACT JAPAN TOUR 2012 -burundanga->はまだまだ始まったばかり。今後、そのサウンドはさらに結束しながら広がりを増していくことだろう。10月5日のZepp Tokyoまで行われる彼らのステージは、アナタの街でぜひとも体感してほしい。

取材・文:梶原靖夫

<FACT JAPAN TOUR 2012 -burundanga->
■2012.09.06(THU) 宮城仙台 darwin
open 18:00 / start 18:30
■2012.09.08(SAT) 北海道札幌 Zepp Sapporo
open 16:30 / start 17:30 weekend special act: LOST (Sapporo Only)
■2012.09.10(MON) 千葉稲毛 K'S DREAM
open 18:00 / start 18:30
■2012.09.11(TUE) 東京お台場 Zepp DiverCity
open 17:30 / start 18:30
■2012.09.13(THU) 新潟 GOLDEN PIGS (RED STAGE)
open 18:00 / start 18:30
■2012.09.14(FRI) 新潟上越 EARTH
open 18:00 / start 18:30
■2012.09.15(SAT) 石川金沢 AZ
open 17:00 / start 17:30 weekend special act: SNORT (Kanazawa Only)
■2012.09.17(MON/祝) 福岡 Zepp Fukuoka
open 16:30 / start 17:30 holiday special act: 80KIDZ (Fukuoka Only)
■2012.09.18(TUE) 宮崎 FLOOR
open 18:00 / start 18:30
■2012.09.20(THU) 鳥取米子 AZTiC laughs
open 18:00 / start 18:30
■2012.09.21(FRI) 大阪難波 Zepp Namba
open 17:30 / start 18:30
■2012.09.23(SUN) 広島 4.14 SOLD OUT!
open 17:00 / start 17:30 weekend special act: CLEAVE (Hiroshima Only)
■2012.09.24(MON) 愛媛松山 SALONKITTY
open 18:00 / start 18:30
■2012.09.26(WED) 愛知名古屋 Zepp Nagoya
open 17:30 / start 18:30
■2012.09.28(FRI) 静岡沼津 Quars SOLD OUT!
open 18:00 / start 18:30
■2012.10.02(TUE) 福島いわき clubSONICiwaki
open 18:00 / start 18:30
■2012.10.03(WED) 岩手大船渡 FREAKS
open 18:00 / start 18:30
【東京追加公演】
■2012.10.05(FRI) Zepp Tokyo
open 17:30 / start 18:30

◆FACTオフィシャルサイト
◆Tomohiro(FACT)ツアーブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報