GARNET CROW、懐かしさと切なさが漂うポップナンバー「Nostalgia」特集

twitterツイート

GARNET CROW NEWシングル「Nostalgia」2012年9月26日リリース 日本テレビ系「ハッピーMusic」9月エンディングテーマ

――今作は「Nostalgia」というタイトルですが、「郷愁」というような意味合いですよね。イントロから'80sの匂いを感じて、まさしくタイトル通りノスタルジックな気持ちになりました。

岡本仁志(以下、岡本):それはシンセの音ですかね?

――そうです。シンセの音色ですね。

岡本:ですよね。'80sといえば古井(弘人:arrange,keyboard)さんのど真ん中ですからねぇ。

中村由利(以下、中村):今作、郷愁をテーマしようって話し合ったわけではなかったんですけど、デモの段階から、そういう懐かしいような感じが出ていたので、サウンドでも、みんなそのイメージを広げたのかなという感じなんですよ。イントロからシンセが入って、4ツ打ちのデジタルな雰囲気で、疾走感もあって。そのサウンドに押されて、私の歌も前に前に行きました。

――「Nostalgia」と言っても、思い出の中に引きこもる歌じゃないですもんね。

中村:そうそう。振り返る、後ろ向きなものじゃないんですよ。哀愁漂うメロディも入ってますけど、前を向いて全力疾走しているようなサウンドなので。

岡本:前向きなのは確かですよね。懐かしさを連想させる言葉とか音色はあるんですけど、全体としては前に進む感じ。僕自身は、トータルなバランスを考えて引っ込んでるんですけど(笑)。

――鍵盤の主張が強いサウンドですものね。

岡本:そうですね。

中村:でもギターソロはポップスのギターソロを弾いてるんです。4ツ打ちで統一して、そういうダンス系に合わせたギターじゃなくて、ギターソロになると歌モノの楽曲に合った、唄うギターソロが入ってるのが私たちっぽいですよね。泣きギターというか。そういうところは押さえつつ。リズムにしても、途中で普通の8ビートになったり、グルーヴを変えていたりするんですよ。パッと聴いた印象では4ツ打ちでデジタルの曲という風に思うんですけど、パーツを聴いて行くと、いわゆるそういう系の曲とは違うフックが入っているから、聴けば聴くほど発見があって面白い曲でもあると思います。何回も聴いて発見してほしいですね。

――そういうことをいつもサラリとやりますよね(笑)。

中村:古井さんがそういうの好きなんですよ。で、メンバー内でも、気付いた人がいると“わかった?(笑)”って。今回では「風の中のオルゴール」が古井さんの推し曲で、お気に入りなんです。この曲の中でも間奏で転調して変化する部分があるんですけど、スタッフが“ここが好き”って言ったら、すごい喜んでました。古井さんは、“ここ転調してこうやったんだよ”っていうようなことはあんまり言わないんですけど、気がついて“あそこはこうでしょ?”って言うとすごう喜ぶ(笑)。古井さんなりの遊び心なんでしょうね。みんなそんな風に楽しみにながら作ってるんですよ。

――分かる人にはわかるという遊び心ですよね。そういうのを見つけるのは、GARNET CROWを聴く楽しみですね。

中村:そうですね。歌詞でも今回は韻を踏んでいたりするんです。“Cry”と“位”、“衝動”と“堂々”とか。メロディに忠実に音乗りの良い歌詞がついてるから、4ツ打ちとの絡みもいいんです。ハイトーンに乗せて、勢いに乗れるような。

――あと英語のところ。“I'll never find”の“find”がすごく気持ち良く聞こえるんです。中村さん、発音いいですよね。

中村:おっと!(笑)ありがとうございます。これ、実は裏技を使っているんです。“find”の最後の“d”まで発音することでネイティヴっぽく聞こえるようになるというのを発見し、唄い直したんですよ。“ファインド”の“ァインド”をしっかり唄う。

――そのほうが、ちゃんとリズムにも乗りますよね。

中村:そうそうそう。語尾をちゃんと唄わないと“Fine”に聞こえたりもするけど、“d”までしっかり唄うことで、ちゃんと“Find”って聞き取れるし。歌も唄いやすくなるんですよ。

――そういうこだわりは聴いてて伝わるもんですね。

中村:こだわって良かったです。サビですしね。

――「風の中のオルゴール」もノスタルジックですね。GARNET CROWの王道という感じの曲でもあるし。

中村:うん。古井さん一推しというだけあって、安定感ある。

岡本:一曲目で“GARNET CROWってこんな感じだっけ?”って思った人は、2曲目でガチッと掴める親切設計になってます(笑)。

――「Happy swallow」も今まで、ありそうでない感じ。

中村:ポップなキラーチューンを作りたくて。ライヴでこういう明るい曲をやるとみんなで一緒に唄ったりして楽しいから、そういう光景を思い浮かべて。この先にライヴが見えるようなワクワク感とか楽しさのある曲です。コーラスでは好き勝手に遊んで、楽しんでレコーディングしました。この曲は、全面に楽しさやハッピー感がにじみ出るような感じにしたかったから。3曲ともカラーが違うから、一度で自分たちの色んな部分を見てもらえるものになって、今作は満足ですね。

――「Nostalgia」のミュージッククリップもCGが凄いことになってますしね。

中村:撮影中はグリーンバックだったから、仕上がりがまったくわからなかったんですよ。

岡本:シェルターの中に閉じ込められて、そこから脱出するというコンセプトなんですよ。なんでこんなところに閉じ込められてるんだ?っていう表情をしてくれと言われて困りましたね(笑)。

中村:走って逃げるシーンがあるんですけど、真顔で走るっていうのがなんかおかしくて笑っちゃったんですよ。でも、“笑うな!”と言われると、笑っちゃうんですよね。なんか笑いのスイッチが入っちゃって(笑)。スローカメラで撮っているから、2秒笑いを我慢すれば大丈夫と言われて、なんとか真顔のシーンが撮れたんですけど。

――苦労しましたね(笑)。

中村:見事に真顔ですけど、そのあと大爆笑しているんですよ。出来上がったときの想像がつかなかった分、完成したのを見て驚きました。身を削って撮ったので(笑)、見て欲しいですね。

――シングルと同時に、3月に行われた<GARNET CROW livescope 2012 ~the tales of memories>のDVDも発売されるから、こっちを見たら、さらにGARNET CROWを知ってもらえますね。

中村:内容が盛りだくさんですね(笑)。一番のポイントは、ストリングスのカルテットに入ってもらったことですね。だからこそチャレンジした曲とかもあったりするので、生音の音圧や音の温もりが違ってたりすると思います。華やかでしたしね。その辺も楽しんで観ていただければと思います。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報