コブクロ、木10ドラマ『結婚しない』主題歌「紙飛行機」を書き下ろし

ツイート
復活後も好調に活動を続けるコブクロから、復帰後初となる書き下ろしシングル「紙飛行機」が登場する。フジテレビ系10月クール木曜日22時ドラマ『結婚しない』の主題歌だ。

◆ドラマ『結婚しない』番組予告映像

ドラマ『結婚しない』は、フジテレビドラマ制作部の中野プロデューサーによる番組だが、コブクロにとっては「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~×蕾-つぼみ-」「流れ星×流星」につづく、3度目のタッグとなるものだ。

「今回、コブクロさんの復帰曲でドラマをやらせていただける事、とても嬉しく思っています。お二人に感謝を申し上げるとともに歌声と映像が合わさるのを楽しみにしています。」──菅野美穂

「今回、私達のドラマ『結婚しない』の主題歌を、コブクロさんが作って下さるとお聞きし大変嬉しく思っております。残念ながら、まだ聴く事ができていないのですが、どんな視点からどんな世界を表現して下さるのか、楽しみで仕方ありません。コブクロさんの歌にお力を頂き、私達も頑張りたいと思っています。どうぞ皆様も、ドラマも主題歌も楽しみにしていて下さったら嬉しいです。」──天海祐希

「ドラマ『結婚しない』は、主人公の女性達の「恋愛観」がリアルに描かれているドラマなので、女性独特の視点・観点に注目し、浮かんできたイメージを曲にしました。恋愛に対する理想や期待。相反して、うまくいかないジレンマや、迷い、臆病さ。それでも気持ちを届けたい、、!!という、そんな様子と重なったのが、幼い頃飛ばした「紙飛行機」でした。丁寧に折り畳んで飛ばしても、思った方には飛んで行かなかったり、力任せに飛ばすと自分の方にクルッと還ってきたり、、まるで、好きな人に気持ちを飛ばす時と似ているなぁと想い、タイトルも「紙飛行機」にしました。キラキラしたメロディーとアレンジにしたのは、「紙飛行機」そのもののイメージと、日々の中に“笑顔”を忘れず、そこに吹く「ときめきの風」を見つけて欲しいなぁ、という願いです。」──コブクロ

「紙飛行機」は、10月11日(木)22時からの第1話目で初披露となる予定で、それまではメロディも歌詞も一切公開されないという。ますますドラマが待ち遠しいところだ。ドラマ放送終了後となる10月11日23時10分から、レコチョク独占先行配信で着うた(R)が配信となるが、この日のダウンロード限定で、コブクロ小渕健太郎デザインの待ち受け画像のプレゼントが用意されている。

シングルのリリースは11月28日(水)。2011年4月リリースの21thシングル「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」以来となるので、1年半ぶりのシングルリリースとなる。これは、コブクロ史上最も期間をおいてのリリースとなるものだ。


◆ドラマ『結婚しない』
30代、40代女性の未婚率が過去最高記録を更新中の現代、それぞれの理由で“結婚しない”女性たちのリアルな姿を描く大人の女のドラマ。菅野美穂、天海祐希のW主演、共演に玉木宏。菅野美穂演じる田中千春は、旅行代理店で派遣社員として働く、彼氏いない歴5年の34歳。結婚したいとは思っているが、ガツガツ婚活する気にもなれない「結婚できない女」。天海祐希演じる桐島春子は、造園プランナーとしてバリバリ働き、結婚や出産への迷いはすでに乗り越え、みずから結婚しない道を選んだ「結婚しない女」。玉木宏演じる工藤純平は、性格は心優しく、絵描きの夢を捨てきれずフラワーショップでアルバイト店員として働く。自分のことだけで精一杯で経済的にも精神的にも結婚なんて今の自分には無理だと思っている「結婚する余裕がない男」。この3人が出会い、あるきっかけで千春は春子の家に転がり込むことに…。こうして、年齢も性格も環境も違うシングル女2人の奇妙な同居生活が始まる。結婚や出産、仕事の分岐点に立つ現代女性たちの友情と恋愛事情を等身大で描く、この秋最も注目のライフスタイルストーリー。

シングル「紙飛行機」
11月28日発売
この記事をツイート

この記事の関連情報