今井絵理子、アニメ『はなかっぱ』新OP&ED曲で、紅白歌合戦出場目指す

twitterツイート

アニメ『はなかっぱ』の新オープニングテーマとエンディングテーマを今井絵理子が担当することになった。

『はなかっぱ』はNHK Eテレで2010年より放送されているアニメ。愛くるしいカッパのキャラクターが子供たちに人気を博しており、NHKの各地放送局を始め、全国各地でイベントが開催されるなど、老若男女の幅広い層から支持を得ている。

一方、今井絵理子は、音楽活動と並行して、聴覚障がいをもつ長男の育児を通じてろう学校や特別支援学校で講演を行なうなど、母親として、働く女性としても、特に同姓から憧れの存在として地位を確立している。

今回、『はなかっぱ』の楽曲を制作するに当たって3つのテーマを掲げ、「はなかっぱの代名詞となるような楽曲を作る」、「子供たちがいかに喜んでくれるか」、「歌っているお姉さんに会いに行きたい」という形を作ることを目的として掲げ、園児に曲を聞かせて反応がよかった曲を採用した。そして、タイトルも子供たちが覚えやすい「はなかっパレード」、「はなかっパラダイス」とし、歌詞も一緒に口ずさめて、ダンスも踊りやすくと、あくまで“子供目線”の作品にこだわった。

「こんにちは! いまいえりこ“エリー”です。はなかっぱのおうたをうたうことになりました。みんなもいっしょにうたっておどろうね!」── 今井絵理子

「はなかっパレード / はなかっパラダイス」は、11月14日にリリース。また今井は“うたのおねえさん”になる! と、意気込むとともに、年末に向けて「2012年に子供たちに最も歌われた曲」を目標に、ソロとして初の紅白歌合戦出場も視野に入れて活動を行なっていく。


◆今井絵理子 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報