【ライブレポート】HEAD PHONES PRESIDENT、アンコールでANZAがMC

ツイート

2012年9月7日に、Shibuya O-WESTで開催された『Stand In The World』のツアーファイナル。彼らのライブを見るようになって約6年。毎回、自分たちの思いを赤裸々に伝えようとする姿を目の当たりにするが、今回もそれを裏切らないステージだった。

◆HEAD PHONES PRESIDENT画像

ライブが始まり、黒い衣装で登場したヴォーカルANZAは、激しく動き歌う。途中、白い衣装に変えて登場したANZAには、囁くようなシーンも。黒と白のANZAの競演だ。

以前、彼女にインタビューをしたとき、HEAD PHONES PRESIDENTで表現したいことを語ってくれた。そこには、明確な核となる強い思いがあった。それは、どんな向かい風にも負けないだろう、と感じるものだった。あれから時が経ち変化しながらも、少しも妥協することなく、彼女は表現者としての道を歩き続けている。「迎合」という言葉は、どこにもない。<我が儘なの もっとちょうだい>とオーディエンスを煽るシーンは、まさにそのものだろう。

インターネット、SNSが普及して、誰もが自分を表現できる時代になった。しかし、本当に伝えたいことをリスクをとって伝えるのは、難しく、厳しく、怖いことだ。それを続けている彼ら。音楽は、文化であり自己表現。HEAD PHONES PRESIDENTが伝えたいことは、ステージという直風のなかで表現される。

そして、新しい扉も開いた。アンコールでTシャツに着替えて登場したANZAが、MCを行ったのだ。正直、ステージで3ワード以上の言葉を話す彼女を初めて見た。それは、きっと彼女が今、そうすべきだと考えたこと。歌詞でなく、言葉で伝えたいことが生まれたのだろう。きっとこれからも、ぶれない核を持ちながら、新しいシーンを魅せてくれると期待する。

2012年11月11日には、台北でのライブが決定。カナダの盟友The Agonistと共演する。

<『Stand In The World』ツアー@Shibuya O-WEST 2012年9月7日>
1.Dive
2.My name is
3.Just A Human
4.Enter The Sky
5.In Scrying
6.Desecrate
7.Labyrinth
~HIRO ソロ~
8.Crumbled(アコギ)
9.Rainy star
10.Lost Place
11.Stand In The World
12.Rise And Shine
13.Reality
14.Life is not fair
15.Nowhere
16.Light to Die
17.Eyes
18.Where Are You

『Stand In The World』
RADC-073 ¥2,625(税込)

<G∀LMET Presents Metal Diva Festival 2012 東京の陣>
2012年10月13日(土)
@吉祥寺CLUB SEATA
OPEN/START 16:00/16:30
出演:HEAD PHONES PRESIDENT / G∀LMET / exist†trace / METALLIC SPIN / Mary's Blood / GANGLION
ADV/DOOR ¥2,500/¥3,000(共にドリンク代¥500別途)

<Live in Taipei>
2012年11月11日
@The WALL(台北)
出演:HEAD PHONES PRESIDENT / The Agonist / Eye Of Violence

[寄稿] 伊藤 緑:http://www.midoriito.jp/

◆HEAD PHONES PRESIDENTオフィシャルサイト
◆「RAZ-rabbit」オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報