ソフトバンク・孫正義代表とエイベックス・松浦勝人社長、浜崎あゆみのソフトバンクCM出演を語る

ツイート

10月9日に開催された<SoftBank 2012 Winter-2013 Spring記者発表会>にて、エイベックス・エンタテインメントとソフトバンクによる合弁会社UULAが運営するSoftBankのスマートフォン向け総合エンターテインメントサービス「UULA」の2012年12月サービスインが発表された。これに際し、ソフトバンクグループ代表・孫正義と、エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長CEO・松浦勝人がそろって登壇。2010年にTwitter上での「孫さんーっっっ‼犬のお父さんと共演したいでございます。」という本人直訴から実現した浜崎あゆみのソフトバンクCM出演について語った。

◆ソフトバンク・孫正義代表とエイベックス・松浦勝人社長 <SoftBank 2012 Winter-2013 Spring記者発表会> 画像

元々、エイベックス・松浦社長を尊敬していた孫正義ソフトバンクグループ代表。両者に面識自体はあり、「何か一緒にやりたいですね」とも以前から話していた。そんな折に浜崎のつぶやきをTwitterで知り、驚きながらも、CM出演が実現したという。

一方、松浦社長は「私も浜崎あゆみのCM出演の件はTwitterで知りました。孫さんが「やりましょう。」なんて言ってましたけど事前に何の相談もなかったので本当に知らなかったんですよ。周りから「ホントですか?」、「やらせじゃないんですか?」などと言われましたけど、本当なんです。プロダクションの社長として非常に困った出来事でした(笑)。結果的には素晴らしいものとなりました。ソーシャルネットワークの新しい形でしたね。」と、一連の出来事を振り返っていた。

エイベックスとソフトバンクで始めるサービス「UULA」について、孫代表は「今回のサービス名は松浦さんにぜひ本気で取り組んで欲しいと考える中で、会議中に『松浦の「浦(うら)」だ!』と思い、『UULA』(ウーラ)に決めたんですよ。ぜひ松浦さんにはUULA(ウーラ)に改名していただきたい(笑)。」と、笑いを誘いつつ、「画期的なコンテンツを松浦さんと作っていきたい」と意気込みを述べた。

映画やドラマ、アニメにオリジナル作品などの映像コンテンツ、さらにはミュージックビデオやアーティストのライブ映像など音楽コンテンツを加えた配信サービス最多の5万コンテンツ以上を月額490円で見放題とするUULAは、2012年12月にサービス開始予定。欲しいものを、欲しいだけ、映画や音楽といった極上のエンタメを楽しめて、今後はチケットやグッズまで買うことができる総合エンタメプラットフォームを目指す。


◆UULA サービス紹介(ソフトバンクモバイル)
この記事をツイート

この記事の関連情報