リアーナ、ビルボード誌で過去20年間で最高のアーティストに選出

twitterツイート
リアーナが、ビルボード誌の過去20年間「トップ・ポップ・アーティスト」ランキングで堂々の1位に輝いた。リアーナは同誌のチャートで過去34回もランクインを果たし、21回はトップ10入り、そのうち9回は1位を達成しており、1992年10月3日から始まった同誌のポップソングのチャート史上、最も成功しているアーティストとして今回トップを飾った。

◆リアーナ画像

今回発表されたランキングでは、トップ10のうち男性ソロシンガーとしては唯一アッシャーが7位、またグループではブラック・アイド・ピーズが8位に食い込んだのみで、残りは全て女性ソロシンガーが占めたかたちだ。2位にはピンクが、続いて3位にブリトニー・スピアーズ、4位にケリー・クラークソン、5位にマライア・キャリーがランクインしている。

また、ケイティ・ペリーが6位に続き、ニューヨークのラジオ番組でディレクターを務めるシャロン・ダスターはケイティと初めて仕事を一緒にした時のことを振り返っている。「ケイティのデビューシングル『キス・ア・ガール』がリリースされたばかりの時、(ラジオ番組)Z100で流したの。私たち番組側としては、すぐにヒットの予感がしたわ。でもまだケイティは有名じゃなかったから、私たちは毎年恒例でやっているクリスマス・コンサートのジングル・ボールにケイティを呼んで、パフォーマンスの機会をあげたのよ」

「私たちはまだケイティの名前が観客に知られているか分からなかったから、ケイティにステージに上がった時に「キス・ア・ガール」のサビをアカペラで歌うようにアドバイスしたの。そしてケイティがサビを歌ってみせたら、観客全員がケイティと一緒に歌い出したってわけ」「ケイティはその時のことを今でも覚えてるって言ってたわ」


ビルボード誌「トップ・ポップ・アーティスト」1992年-2012年トップ20
1.リアーナ
2.ピンク
3.ブリトニー・スピアーズ
4.ケリー・クラークソン
5.マライア・キャリー
6.ケイティ・ペリー
7.アッシャー
8.ブラック・アイド・ピーズ
9.ジャネット・ジャクソン
10.マドンナ
11.レディー・ガガ
12.クリスティーナ・アギレラ
13.ジャスティン・ティンバーレイク
14.ニッケルバック
15. マッチボックス・トゥエンティー
16.ビヨンセ・ノウルズ
17.バックストリート・ボーイズ
18.ジェニファー・ロペス
19.マルーン5
20.アヴリル・ラヴィーン
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報