ボビー・クリスティーナ・ブラウン、義理の兄ニック・ゴードンと再び婚約

ツイート
故ホイットニー・ヒューストンの娘であるボビー・クリスティーナ・ブラウンが、一度は婚約を解消した「義理」の兄にあたるニック・ゴードンと再び婚約した。ヒューストン家を追ったリアリティー番組『ヒューストンズ:オン・アワー・オウン』のプレビュー映像でボビー・クリスティーナはそわそわした様子を見せながらも、「私たち、婚約しました!」と語っている。

◆ボビー・クリスティーナ・ブラウン画像

ニックは10年前の12歳の時に自身の父親が刑務所送りになった後、ホイットニーに引き取られてボビー・クリスティーナと共に兄、妹として育てられたものの、ホイットニーはニックの正式な養子の手続きをとっていなかった。ただホイットニーの悲劇的な死後、2人は急接近してお互いに慰め合う関係に発展し、アトランタでカップル同然に同居生活をしていた。そして2012年3月にはボビー・クリスティーナとニックは婚約にまで至ったものの、今夏には一度婚約を解消している。

婚約解消時に、ある関係者はHollywoodlife.comに「ボビーとニックはお互いに本当に愛し合っています。ただ、2人の間の関係をどう定義していいのか分からなくなってしまったんです。ホイットニーの死後、様々な感情が彼女の中で渦巻いていたため、一瞬にして恋してしまったのでしょう。まだ2人は愛し合っているし、一緒に住み続けています。ただ婚約を解消しただけなんです」と2人の複雑な関係を明かしていた。

また、ホイットニーの母でボビー・クリスティーナの祖母にあたるシシー・ヒューストンさんは最近、ボビー・クリスティーナが母ホイットニーの莫大な遺産を受け継いだ場合、堕落した人生を将来送ってしまうのではないかと心配していた。

しかし、ボビー・クリスティーナ自身は『ヒューストンズ:オン・アワー・オウン』のプロモーション映像で、「周りのみんなは私達2人が失敗する姿を見たいだけなのよ。ひとつだけ言っておくわ。『私達は絶対に失敗しないわ!』ってね」ときっぱり言い切っている。
この記事をツイート

この記事の関連情報