旅するシンガーソングライター大柴広己、珍企画「弾き語りフルマラソン」を決行

ツイート
アコースティックギター片手に日本中を放浪、年間100本以上の弾き語りライブを行う“旅するシンガーソングライター”こと大柴広己が、世界初となる「弾き語りフルマラソン」企画を、10月28日(日)に下北沢のシードシップにて行うことになった。この珍企画はTwitterの一言から生まれたものだ。

◆大柴広己画像

2012年5月6日、大柴が自らのTwitterにて、「きょう一日でフォロワー3000人いけば弾き語りフルマラソンやります!」とつぶやいたことがその発端。そのつぶやきを見逃さなかった大柴のフォロワーがコメントを拡散し、わずか10分で3000人を突破してしまったという珍珍事態となったのだ。速攻で弾き語りフルマラソンの決定である。

「弾き語りフルマラソン」とは、ライブハウスをスタートして42.195キロのフルマラソンを完走し、ゴール地点のライブハウスに再び戻った所で、弾き語りライブを実施するというもの。もはや意味が分からない。もちろんミュージシャン発のパフォーマンスとしては世界で初めて。

フルマラソン後のライブは相当の体力消耗が予想され、スタッフは「演奏に支障をきたすのでは」と心配模様だ。自ら言い放った企画である手前、後に引けなくなった大柴だが、「たぶん。だれもやったことがない企画のはず。っていうか。できるんか。おれ」…と、喜びと不安を入り混ぜた日々を送りながら、準備を進めているようだ。という。

大柴広己は、関西出身のシンガーソングライターで、2006年に『ミニスカート』でデビュー。ソフトタッチでハイトーンな声と卓越したギターテクニックで大阪を中心に話題のアーティストだが、天然パーマとチューリップハット、そして顎にたっぷりと生やした髭が特徴で、ファンの間では「もじゃ」と呼ばれていた。

企画の発表以来、Twitter上ではファンや関係者から続々と応援ツイートが寄せられており、ライブ当日には多数の応援ゲストもライブハウスに駆けつける予定となっている。残念ながらすでにチケットはソールドアウトである。

なお、当日のマラソンとライブの模様は、ニコニコ生放送で生中継される予定だ。

<大柴広己 FULL MOJA MARATHON>
2012年10月28日(日)
@下北沢 SEED SHIP
時間:開場16:30/開演17:00
出演:[ランナー]大柴広己
[サポートランナー]林祐詩
[応援ゲスト]小室みつ子/藤田悠治/だいじゅ/ヨウヘイ(from 京都)/作人(from 神戸)/トミタショウゴ(from 京都)/松浦優(form 愛媛)/OA(20キロ).松室せいや
ニコニコ動画配信:http://www.nicovideo.jp/tag/大柴広己
※マラソン企画に向けた日々の練習状況もツイッターでつぶやき中:https://twitter.com/oshibahiroki

3rd ALBUM『さよならミッドナイト』
DQC-894 2,000円(tax in)
1.それだけで僕は
2.タイムトラベラー
3.春夏秋冬
4.27歳
5.さよならミッドナイト
6.*Sala life*
7.愛の才能

4th ALBUM『ソングトラベル』
DQC-895 2,000円 (tax in)
1.Music☆Magic
2.マザコン
3.ソングトラベル
4.雨がいつか、雲がいつか
5.彼の彼女
6.朝焼けアパート
7.K I B N

◆大柴広己オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報