リー・ダニエルズ、ジャニス・ジョプリンの伝記映画『ゲット・イット・ホワイル・ユー・キャン』を監督?

ツイート
リー・ダニエルズが、1970年に夭折した伝説のシンガーソングライター、ジャニス・ジョプリンの伝記映画『ゲット・イット・ホワイル・ユー・キャン』で監督を務めるための交渉中だ。本作には以前からエイミー・アダムスの出演が決まっていたものの、監督の座が空席だった。ジャニスは1960年代に大活躍したが、27歳の時にヘロインの過剰摂取で若くして命を落としている。

◆リー・ダニエルズ&ニコール・キッドマン画像

『プレシャス』でお馴染みのリーはすでに、ホワイトハウスで8代に渡る歴代アメリカ大統領の執事を務めたユージン・アレンの生涯を描いた『ザ・バトラー』やマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の暗殺事件を描く『オーダーズ・トゥ・キル』など伝記映画の新作を手がけている。

さらにリーがメガホンを取り、ニコール・キッドマン、ザック・エフロン、マシュー・マコノヒーらが共演した『ザ・ペーパーボーイ』は現在全米公開中だ。

『ゲット・イット・ホワイル・ユー・キャン』は来年初頭にもクランクイン予定だ。
この記事をツイート

この記事の関連情報