キングス・オブ・レオン、通算6枚目の新作アルバムに取り掛かっていると公表

ツイート
キングス・オブ・レオンが6枚目となる新作アルバムに取り掛かっていると明らかにした。

◆キングス・オブ・レオン画像

通算5作目となる2010年の『カム・アラウンド・サンダウン』以来となる同新作アルバムについてベーシストのジャレッド・フォロウィルは「僕らは今、ちょうど作詞の段階だけど、結構早めに出来上がりそうなんだ」「絶対にスタジオ入りするけど、年内に完成するプランではないんだ。でも必ず来年の早い段階には完成すると思うよ。だからファンのみんなには、遅くなるっていうよりも早くなる方に期待していて欲しいな」と語っている。

2011年、キングス・オブ・レオンは7月29日にダラスで予定されていたコンサートをキャンセルし、続く30日のヒューストン公演も延期していた。当時、フロントマンのカレブ・フォロウィルは観客に対し、自分の声が「100%出なくなってしまった」と説明していたが、観客にはカレブが酔った状態で登場し、コンサート最中は千鳥足状態だったのが明らかだったという。

その後8月に発表された声明文では、カレブは「声の問題」だけでなく、「疲労」の問題も抱えており、単純にメンバーには「休暇が必要」だったとキャンセルの理由を説明していた。

なお、メンバーのジャレッドは、2012年初めにも自身のサイドプロジェクトであるスモーク&ジャッカルでファーストアルバムをリリースすると発表していた。
この記事をツイート

この記事の関連情報