マッドネス、バッキンガム宮殿屋上でのパフォーマンスはスナイパーの横で

ツイート
6月、英国女王の戴冠60周年を記念し開かれたコンサート<The Queen's Diamond Jubilee Concert>で、女王が住むバッキンガム宮殿の屋上でパフォーマンスしたマッドネス。長いキャリアを持つ彼らだが、これほど緊張したギグはなかったそうだ。スナイパーの一団に囲まれてのパフォーマンスだったという。

コンサートはバッキンガム宮殿前のスクエアにて行なわれたが、マッドネスだけは屋上でプレイした。ギタリストのクリス・フォアマンは『Seven』マガジンにこう話している。「武装した警察官がいて、ちょっと緊張した。一緒に写真撮ってくれって言われて、ホッとしたけど。でも、プレイしている間、スナイパーの一団が俺たちの左右に配置されてたんだ」

同コンサートはテイク・ザットのゲイリー・バーロウが主催。マッドネスのほか、エルトン・ジョン、クリフ・リチャード、トム・ジョーンズ、アニー・レノックス、カイリー・ミノーグ、エド・シーラン、ジェシー・Jらが出演。ポール・マッカートニーがヘッドラインを飾った。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報