エリザベス・テイラー、マイケル・ジャクソンを抜いて亡くなったセレブの長者番付で1位に君臨

ツイート
エリザベス・テイラーが、マイケル・ジャクソンを抜いて亡くなったセレブの長者番付で1位に君臨した。

◆エリザベス・テイラー画像

米フォーブス誌が恒例の長者番付を発表し、2011年10月からの1年間で、テイラーは、生前に所有していた宝石や衣装、美術品など1800点がオークションで完売し、1億8400万ドル(約147億2000万円)を稼ぎ出したことで合計収入が2億1000万ドル(約168億円)となり、2年連続で首位を守ってきたマイケルを抜いたかたちだ。中でもゴッホの1889年の絵画がオークションで1600万ドル(約12億8000万円)と最高金額で落札され、他にもテイラーの香水ホワイトダイヤモンドが2011年だけで7500万ドル(約60億円)の売り上げを記録したという。

さらに同誌によれば、テイラーは不動産の売却益だけでなく、1963年の大作『クレオパトラ』に出演以降、2011年に79歳で亡くなるまで自身が出演した映画からそれぞれ10%のロイヤリティーを受けていることなども今回1位に輝くことに貢献したという。

テイラーに続いて、マイケル・ジャクソンが1億4500万ドル(約116億円)で2位、エルヴィス・プレスリーが5500万ドル(約44億円)で3位と続いた。マイケルは、シルク・ドゥ・ソレイユの公演『マイケル・ジャクソン:ジ・イモータル・ワールド・ツアー』からの収入や、ザ・ビートルズやレディー・ガガ、テイラー・スウィフトなどを抱える音楽出版会社のソニー/ATVミュージックパブリッシングで50%の株を所有していることによる収入などがある。

さらに、スヌーピーが登場するギャグ漫画『ピーナッツ』でお馴染みの漫画家チャールズ・M・シュルツが3700万ドル(約29億6000万円)で4位、ボブ・マーリーが1700万ドル(約13億6000万円)で5位、ジョン・レノンが1200万ドル(約9億6000万円)で6位、マリリン・モンローが1000万ドル(約8億円)で7位と続き、スティーブ・マックイーンが800万ドル(6億4000万円)で10位に食い込んでいる。

フォーブス誌 亡くなったセレブ長者番付トップ13
1.エリザベス・テイラー 2億1000万ドル(約168億円)
2.マイケル・ジャクソン 1億4500万ドル(約116億円)
3.エルヴィス・プレスリー 5500万ドル(約44億円)
4.チャールズ・M・シュルツ 3700万ドル(約29億6000万円)
5.ボブ・マーリー 1700万ドル(約13億6000万円)
6.ジョン・レノン 1200万ドル(約9億6000万円)
7.マリリン・モンロー 1000万ドル(約8億円)
7.アルベルト・アインシュタイン 1000万ドル(約8億円)
9.ドクター・スース 900万ドル(約7億2000万円)
10.スティーブ・マックイーン 800万ドル(約6億4000万円)
10.ベティ・ペイジ 800万ドル(約6億4000万円)
12.リチャード・ロジャース 600万ドル(約4億8000万円)
13.ジョージ・ハリスン 550万ドル(約4億4000万円)
この記事をツイート

この記事の関連情報