【ライブレポート】佐藤タイジ、太陽光の電気を使ってライブ開催

twitterツイート

THEATRE BROOKの佐藤タイジが、10月27日(土)代々木公園で開催された<アースガーデン"秋"2012>にゲストで出演、太陽光発電で生み出した電気を使ってライブを行った。佐藤タイジは12月20日に太陽光発電の電気のみを使った武道館ライブ<THE SOLAR BUDOKAN>を予定しているが、今回のイベントは、そのライブに備え、公演当日に使用予定の電源システムを実際に試してみる公開実験の意味も持つものだ。

◆佐藤タイジ画像

ライブ用の電源は会場に用意された縦60cm×横100cmサイズの蓄電池ソーラー・パネル3基から供給された。佐藤タイジの「蓄電池ピクニックへようこそ!」のMCで太陽光発電の実験ライブはスタートし、12月12日にリリース予定の新アルバム『最近の革命』収録曲など、全5曲を演奏した。「太陽光発電だけで武道館ライブをやることを思いついた、きっかけとなった曲です!」とコメントした「ありったけの愛」は、歌詞の中に"太陽"が出てくるTHEATRE BROOKの代表曲だが、コーラス部分ではオーディエンスも一緒になって大合唱をくりひろげた。音楽に合わせて楽しそうに踊る子供が印象的で、ラストはイベントの為に作った新曲「100% SOLAR BUDOKANの歌」も披露され、約60分のイベントは無事終了となった。

終演後、前日から約8時間かけて充電された3基の蓄電池の残量は、まだ60%近く残っている事も確認され、12月の太陽光武道館公演に向けて、大きな一歩を踏み出した形だ。12月20日<THE SOLAR BUDOKAN>には、斉藤和義や藤井フミヤ、奥田民生ら16組のアーティストが共演を果たす。

<THE SOLAR BUDOKAN公演概要>
2012年12月20日(木)
17:30開場/18:30開演
@東京日本武道館
全席指定6,900円(税込)

出演予定アーティスト:佐藤タイジ プロジェクト(A100%SOLARS、THEATRE BROOK、TAIJI at THE BONNET、The Sunpaulo、インディーズ電力)、Char、LOVE PSYCHEDELICO、Salyu、斉藤和義 /増子直純(怒髪天)/和田 唱(TRICERATOPS)、仲井戸“CHABO”麗市、藤井フミヤ、奥田民生、田中和将(GRAPEVINE) /Candle JUNE(Decoration) and more…

◆<THE SOLAR BUDOKAN>オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報